日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 85 view

お茶の保存方法は

日本茶・お茶資格取得可能なおすすめ通信講座

封を切ったお茶を久しぶりに飲んだ時、変な味がした、変な香りがしたという経験はありませんか。いくら賞味期限内であったとしても、保存の仕方によっては美味しく飲むことが出来ないかもしれません。せっかく飲むのなら、美味しい方がいいですよね。実践できるところから取り組んでみましょう。

お茶の保存の仕方が味に味と香りに大きく影響

お茶は製造過程で乾燥させているため、長期保存に向いているように思われますが、実は温度、湿度、空気、光の影響を受けやすく急激に劣化してしまいます。

湿度

お茶は乾燥した状態で販売されています。しかし、茶葉の水分含有量が増加すると成分の酸化がすすみ、外観の色や水の色、香りに対して極端に影響します。そのため保管する場所は湿度を極力低めに(理想3%)し、密閉した容器や袋に入れて保管しましょう。

酸素

酸素は茶葉のカテキン、ビタミンC等を酸化させてしまいます。特に味に影響します。開封前は真空包装、脱酸素剤、窒素ガス等により酸素除去してありますが、開封後は袋内に空気が入らないように口部をしっかりと閉じましょう。

光は葉緑素の分解を促進してしまい、茶葉の色を変色させてしまいます。また、香りへの影響もあります。保存するときは、光が直接当たらない場所で保管するか、光を通さない袋や容器を活用しましょう。

温度

高温下で保存すると茶葉の色や、水の色が変色してしまいます。未開封の場合は冷蔵庫で保管しましょう。

移り香

茶葉には強力な脱臭作用があるため、周囲の様々な香りを吸収してしまい、香りに大きく影響を与えます。極力、密封できる袋や容器で保存するようにして、匂いの強いものの近くにおかないようにしましょう。

未開封の場合は

購入して未開封の場合は冷蔵庫内で保管することで、湿度や温度を一定に保ち、匂いや光も遮断できます。ただし、冷蔵庫から出した場合は、まず常温に戻してから封を切るようにしましょう。冷蔵庫から出した直後に開封してしまうと、温度差によって生じた水滴を吸収してしまい、茶の劣化を促進してしまいます。

開封後は

開封後は密封性と遮光性のある容器や袋に移し替え、冷暗所で保管しましょう。また、冷蔵庫内の匂いを吸収したり、出し入れの際に湿気を帯びる原因となってしまうため、冷蔵庫内での保管は避けましょう。

お茶が飲みにくくなった場合は

保存状態が悪く、どうしても飲みにくくなってしまった場合は、焙じ茶にしましょう。フライパンを使う方法と、電子レンジを使う方法があります。フライパンで行う場合は、フライパンの上に紙を敷き茶葉の、弱火でじっくりと炒ります。また、電子レンジで温めることで香りがよくなります。

脱臭剤として

焙じ茶にする方法以外に、脱臭剤として使うこともできます。緑茶は強い脱臭効果があるため、パックにつめて下駄箱や冷蔵庫に置くだけで脱臭効果が期待できます。

油汚れに

軽い油汚れ程度であれば、茶殻を使うことできれいに落とせます。

お掃除のときに

飲んだ後の茶殻を天日干しにした生乾きの茶葉を、床や畳の上に散らして、茶殻ごと掃いてから掃除機をかけましょう。茶殻がホコリを吸着するため、よりきれいにすることが出来ます。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP