日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 80 view

お茶を贈る際にオススメなお店

日本茶のプロフェッショナルを目指そう!日本茶資格4選

愛国製茶

贈り物としてお茶を用いる場合、愛国製茶はいかがでしょうか。愛国製茶は東京都新宿区で日本茶の製造と販売を行なっている茶のメーカーです。1933年に馬場丈太郎氏によって創業されました。この愛国製茶で販売されているのはどれも上質なものばかりです。愛国製茶のお得意先としては陸軍、宮内省などの公的な場所ばかりでした。1941年に皇室御用達のブランドにまで登りつめました。有機栽培茶や天皇杯に受賞した茶葉ばかり取り使っており、ギフト品の販売は数多くこなしています。茶葉をブレンドすることはなく産地特産を味わうことができます。純心に、美味しいお茶を飲みたいという人にうってつけなお茶です。そんな愛国製茶の人気商品は「天皇杯受賞生産者の茶静岡・八女詰め合わせ」という商品です。2009年の第48回農林水産省祭で見事に天皇杯を受賞したのがこちらの商品になっています。また2012年に行われた第51回農林水産省祭で天皇杯の受賞を勝ち取った静岡県八女市で作られた茶の2点を豪華にも1つにまとめたセットになっています。さっぱりとした爽やかな香りを鼻で感じながら独特の深みのあるお茶の名産地であるお茶と他にはない甘みとまろやかさを有しており、濃厚な味が独特な雰囲気を醸し出している八女の茶の味比べができるセットが大きな人気を保持しています。

祇園辻利

祇園辻利は1860年に創業されました。販売地は京都府の宇治市にて宇治茶を中心に販売されました。創業以降の150年、そのスタイルを崩すことなく今でも地元の人から愛されている茶店になります。祇園辻利の宇治茶は京都府の南部の里で栽培されています。日本に存在しているお茶の中ではかなりのブランド力になります。12種類の味が存在しており、その中からあなた好みに購入することができます。現在販売されているお茶としては玉露、煎茶、ほうじ茶、抹茶を販売しています。その中で最も人気のあるお茶は宇治玉露です。お茶特有のふくよかな香りと甘みを持っており、味わい豊かな上品なお茶となっています。宇治茶が好きと言う人や宇治茶を飲んだことのない人へオススメな贈り物と言えるでしょう。お茶は茶葉で販売されているわけではなく、1杯分のティーパックが入っています。味も豊富な上、ティーパックで販売されているため、入れやすく後片付けも簡単にできます。若い人を相手して送る場合におすすめです。

一保堂

一保堂が1717年に京都の寺田二条に「近江屋」という店名で渡辺伊兵衛が創業しました。販売している物はお茶に限らず、急須や陶器類も販売しています。茶道のお家からも人気があり、今現在でも購入がなされています。取り扱うお茶はおおらかでどこか懐かしい香りと良質な甘みと口当たりの良いまろやかなお茶が特徴な「京銘茶」です。宇治発祥の宇治製法で作られたお茶の葉が有名です。茶器等も取り扱っているため、お茶を始めたいという方やお茶を愛す人にオススメなお店と言うことができます。人気があるお茶は煎茶とほうじ茶になります。一保堂のお茶は全て茶葉が缶につめられているため急須を使って淹れることになります。よって、茶葉から取りたいという人に贈るようにしましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP