日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 121 view

ダイエットの強い味方になってくれる緑茶について

日本茶 煎茶

体重計に乗った際に体重が重くなった際にとてもショックが大きいですよね。そしてその際に「ダイエット」を決意していませんか。世の中にはたくさんのダイエットの方法が存在しています。筋トレダイエットや糖質制限ダイエットといった方法や中には絶食ダイエットを行なった人もいるのではないでしょうか。しかし、長続きしなかったりすぐにリバウンドしてしまった経験はありませんか。世に知れ渡っている多くのダイエットは意外と体に危険だったりします。理由としては栄養失調や過度な運動による血圧上昇、精神的なストレスの負荷だったりと色々な理由が存在します。これでは体を壊しているようなものです。この記事では緑茶を使った健康的なダイエットについてご紹介していきます。

緑茶はダイエットの強い味方になる

お茶ならどれを飲んでも同じような効果だろと思っている方が多くいます。そのため、ダイエットでもあまり考えずにお茶を選んでダイエットに取り入れる人がいます。ダイエットにお茶を用いるのであれば「緑茶」にしましょう。痩身茶というのも存在していますが、トラブルなども多く報告されています。しかし、実は緑茶で十分ダイエットの効果は出ます。砂糖を一切使わなくても緑茶は飲むことが可能です。しかも緑茶にはカロリーがありません。また、油っぽいものを食べてしまった時や食べ過ぎた時に緑茶を飲めば、緑茶に含まれているタンニンが脂肪の分解する酵素の働きを向上させてくれます。

カフェインがダイエットの促進してくれる

運動をする際、脂肪が燃焼され出すというのは運動開始から約20分後というのを聞いたことはありませんか。実はこれは正しいのです。なぜなら運動を開始してしばらくの間は消費されるのは「脂肪」ではなく、「グリコーゲン」という糖の一種が消費されます。つまり、最初の約20分前後でグリコーゲンを消費させてから、ようやく脂肪が消費されるということになります。しかし、緑茶に含まれているカフェインを摂取したのであれば話が変わります。カフェインを摂取することで消費するエネルギーはグリコーゲンではなく、脂肪になります。つまり最初から脂肪を消費するということになります。そのため、ダイエットの効果は上昇すると言えます。

緑茶のサポニンが脂肪を減らしてくれる

緑茶にはサポニンという成分が含まれています。このサポニンがどういった効果を持っているかと言うと肌に付着している脂肪を洗い流してくれます。消化器官にいる脂肪を見つけて連れ出し、血中の悪玉コレステロールを減少する役割を持っています。

緑茶を飲むと栄養不足の補強にもなる

緑茶には様々な栄養が含まれています。その栄養とは疲労回復や免疫力の向上になる「ビタミンC」、虫歯になるのを抑えてくれるフッ素、新陳代謝の栄養に必要でカルシウム・リン・マグネシウム・鉄が含まれている「ミネラル」、老化防止になる「ビタミンE」、胃腸の働きを円滑にしたり癌の予防にもつながる「食物繊維」が含まれています。以上は緑茶に比較的に多く含まれて栄養であって、そのほかにも多くの栄養を緑茶は持っています。よってダイエット中の栄養不足を補うことができると言えます。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP