日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 75 view

京都府認定の日本茶カフェ 宇治茶カフェ

日本茶の一種である宇治茶。京都府では、上質な宇治茶が飲める日本茶カフェを「宇治茶カフェ」として認定しており、日本茶の普及に役立てています。

ここでは、宇治茶カフェに認定される条件とおすすめの店について紹介します。

宇治茶カフェに認定される条件

京都府認定の宇治茶カフェは、日本茶カフェの中でも特別な存在です。宇治茶カフェとして認定されるためには、以下の条件を満たす必要があります。

・京都府内と東京都の特別区内に店舗があること
・上質な宇治茶が飲めるメニューが3種類以上あること
・宇治茶について知ってもらえる店づくりを心掛けていること
・店舗に日本茶の専門資格である日本茶インストラクターやアドバイザー取得者がいること

日本茶インストラクター・アドバイザーとは、NPO法人日本茶インストラクター協会による資格です。店舗内に資格取得者がいない場合は、日本茶インストラクターによる研修を受けたスタッフを配置する必要があります。

宇治茶カフェでは、正しい日本茶の入れ方を理解し、お客様に説明できるスタッフがいることが重視されているのです。

伍町カフェ GOCHIOcafe

京都府宇治市にある宇治茶カフェ認定店です。茶園清水屋による上質なの宇治抹茶を味わうことができます。ドリンクのほか、抹茶アイスを使ったパフェといった和スイーツが味わえます。また、パスタのような食事系のメニューも充実しています。

基本情報は以下の通りです。

・宇治駅から歩いて約4分、宇治橋通り商店街にあり
・営業日は月曜日~金曜日が11:00~18:00、土日祝日が10:00~18:00
・定休日なし(Facebookや公式サイトで要確認)

茶舗赤門茶屋

京都府宇治市にある宇治茶カフェ認定店です。宇治茶の品質や伝統を大切にするため、茶葉のブレンドは行わず、上質な宇治茶そのものの味わってもらうことにこだわりがあります。

宇治茶ファンの隠れ家的名店として、古くから親しまれている店です。希望すれば、初心者にもできる簡単な抹茶の立て方もレクチャーしてもらえます。

基本情報は以下の通りです。

・宇治駅南口から歩いて約10分、平等院表参道の表門前にあり
・営業時間は10:00~17:00
・定休日は火曜日、また水曜日は不定休

中村藤吉本店

こちらも京都府宇治市にある宇治茶カフェ認定店です。1819年からの伝統があり、その建築物は明治時代の茶商屋敷の歴史を伝えるものとして重要文化的景観に選定されています。

店内では、石臼を使った挽き茶体験をすることができます。また、自分で挽いた抹茶を味わうこともできます。カフェの受付時間は17時までですが、あまりの人気のため時間を早めることもあります。

基本情報は以下の通りです。

・奈良線の宇治駅から徒歩約1分、京阪の宇治駅からは歩いて約10分
・営業時間は10:00〜18:00
・基本は年中無休(月ごとの休みは公式サイトを要確認)

中尾園茶舗茶房竹の子

京都府相楽郡和束町にある宇治茶カフェ認定店です。産地直送の宇治茶を販売する店舗「中尾園茶舗」と宇治茶を味わえるカフェ「茶房 竹の子」が並んでいます。中尾園茶舗は、明治6年創業の伝統ある老舗です。

宇治抹茶と甘味を味わえるセットのほか、茶そばといった食事メニューも味わえます。

基本情報は以下の通りです。

・加茂駅から東和束バス停留所下車、徒歩約1分
・営業時間は8:30~17:00
・年中無休

京都府認定の日本茶カフェ 宇治茶カフェまとめ

日本茶カフェの中でも、上質な宇治茶を味わいたいときにおすすめ宇治茶カフェ。宇治抹茶の魅力を堪能したいときには、ぜひ足を運んでみてくださいね。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP