日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 28 view

人気急騰中の日本茶 茶葉の種類は

食事中や食後、午後の休憩、夜のくつろぎの時間など、日本人の日常に欠かせない日本茶。一言で日本茶といっても、栽培方法や製法、加工法の違いによっていろいろな種類にわけられています。日本茶の種類を知り、試してみることで、より自分にあったお茶を見つけることができ、お茶の時間がもっと楽しくなります。

日本茶の王道 煎茶

蒸した新芽を揉みながら乾燥させた茶葉。一般的にいわれる“お茶”はこの煎茶を指します。旨味と渋みがあり、さわやかな香りが楽しめます。タンニン(カテキン)やカフェインが多く含まれ、中でもビタミンCは豊富です。

渋みの利いた日本茶 深蒸し茶

一般的な煎茶に比べ、蒸す時間を2~3倍にするため“深蒸し”とつけられています。深く蒸した分、煎茶に比べ、渋味がなく、かわりに甘味が出てきます。

一方で、さわやかな香りは煎茶より少なめ。水道水で入れてもカルキ臭などの影響をほとんどうけない、たくましいお茶です。

直射日光を避けて育つ日本茶 玉露

名前からも、威風堂々とした存在感を発揮している「玉露」。茶葉を栽培する際、直射日光があたらないように、覆いをかけて育てるのが特徴です。そのため、渋味の元であるタンニン(カテキン)が減り、旨味成分のアミノ酸を多く含む、甘味の強いお茶となります。茶葉の製造工程は煎茶と同じです。

茶道に欠かせない 抹茶

茶畑に覆いを被せ、日光を避けて育てた新芽を蒸し、揉まずに乾燥させ、石臼で挽いて粉末状にしたお茶が抹茶です。お湯に全部

カフェイン少なめの日本茶 ほうじ茶

ほうじ茶は、番茶(二番茶を刈った後のかたい茶葉を製茶したもの)などを強火で焙じたもの。高温で焙じるので、煎茶より、アミノ酸、カテキン、カフェイン、ビタミンCが減ります。香ばしい香りとさっぱりした味わいは、食事中に飲むのにぴったりです。

香ばしい 玄米茶

炒った玄米と番茶や煎茶をブレンドしたお茶です。緑茶の風味と玄米の香ばしさが楽しめ、さっぱりとした口あたりが特徴です。玄米茶はほうじ茶同様、カフェインが少ないため、子どもやお年寄りも安心していただけます。

煎茶と玉露の中間にある日本茶 かぶせ茶

茶葉を栽培する際、玉露より直射日光を遮る期間を20日間ほど減らしたお茶。玉露と高級煎茶のちょうど中間ぐらいに位置するお茶です。

ぐりっとした茶葉の日本茶 蒸し製玉緑茶

一般的な煎茶の製造工程に含まれる、“精揉(せいじゅう)”という最後に形を整える工程を行わず、熱風を当てながら回転するドラムで茶葉を乾燥させるのが特徴。茶葉が“グリグリッ”と丸い形をしていることから、伊豆地方では“ぐり茶”とも呼ばれています。

茶葉の栄養が溶け出しやすい 粉茶

煎茶や玉露を製造する際に出る、細かい茶葉だけを集めたお茶です。茶葉の栄養成分が溶け出しやすく、緑色が濃いお茶になります。回転ずしなどにある湯呑に直接入れて飲む“粉末茶”とは違うものです。

茶葉の芽だけで作る 芽茶

このほか、碾茶(てんちゃ=覆いをして栽培した茶葉の若芽を蒸し、揉まずに乾燥させたもの)を粉状にした「抹茶」、茎や茶軸だけを集めた「茎茶」、茶葉の芽の先の丸まった部分だけを摘んだ「芽茶」、化学合成農薬や化学合成肥料などを使わない「有機栽培茶」などがあります。同じ茶葉から作るこの多彩さが日本茶の懐の深さであり、魅力といえるでしょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP