日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 128 view

大量な緑茶の入れ方 ポットウォーマーが便利

大人数で過ごすティータイムはとても楽しいものです。いつも以上に緑茶がおいしく感じられます。

しかし、一度に大量に緑茶を入れてしまうと、余った分のお茶が急須やポットに残ってしまい、そのまま冷めてしまうことも少なくありません。

大量の緑茶を入れてもおいしさや香りを持続させるためのグッズに、「ポットウォーマー」というものがあります。ここでは、おすすめのポットウォーマーについて紹介します。

Nature Park ステンレス ティーウォーマー

おしゃれな食器や雑貨を扱っていることで知られる、Nature Parkによるポットウォーマーです。商品の特徴は以下の通りとなります。

・ステンレス製なのでいろんな茶器に合わせやすく、急須のほか紅茶用のティーポットにも使えます
・キャンドルを中に入れることで、炎で急須を温めます
・キャンドルは付属品ではありませんが、一般的なものであれば使用可能です
・重さは約380g
・サイズはスタンド上部の直径が10.5cm、下部の直径が13.5cm、高さ5cm

シンプルなデザインなので、あらゆるシチュエーションに使えます。

Lautechco ガラス製ポットウォーマー ハート型

さまざまなキッチン用品を扱うブランドLautechcoによるポットウォーマーです。商品の特徴は以下の通りとなります。

・スタンドの中央にキャンドルを入れ、炎で温めます
・ガラス製なのでキャンドルの炎によって輝きをもたらし、見た目にも華やかです
・スタンドの脚の部分がハート型になっており、可愛らしいデザインです
・急須を温めるほか、チーズフォンデュやアロマポットにも使えます
・重さは約360g
・サイズは直径13.7cm、高さ5.4cm

ガラスによる華やかさと、ハートをモチーフにしたデザインがとても個性的なポットウォーマーです。自宅用のほか、女性へのプレゼントにもおすすめします。

廣田硝子 丸ちろり ウォーマーセット

ポットウォーマーと調和したティーポットもあわせて欲しいという人におすすめなのが、こちらの商品です。

廣田硝子は、1899年(明治32年)創業の歴史あるガラス食器メーカー。東京では最も歴史があることで知られています。そのため品質の高さが魅力的です。主な特徴は以下の通り。

・耐熱ガラスを使用
・熟練の職人がひとつひとつ手吹きによって作り上げています
・ポットの内容量は450ml
・スタンドのサイズは直径10.5cm、高さ5cm
・ポット(丸ちろり)のサイズは直径14cm、高さ12.5cm
・スタンドの脚は丸形でシンプルなデザイン

今では海外からも注目を集めている、廣田硝子によるポットウォーマーとティーポットのセット。世界中に愛される質の良さとデザイン性の高さは、プレゼントとしてもおすすめです。

緑茶を大量に入れた時に便利なポットウォーマーまとめ

ポットウォーマーの存在はあまり知られていませんが、緑茶好きはぜひとも自宅に備えておきたい便利グッズです。より本格的な緑茶が淹れられるようになります。

また、急須で淹れた緑茶を保温するための道具があると、ティータイムがより華やかになることでしょう。キャンドルの炎による癒しの効果も期待できます。

ただし、ポットウォーマーはあくまで保温を目的とするものです。そのため、お湯を沸かすことはできないのでご注意ください。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP