日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 63 view

日本茶の正しい保存方法

日本茶・お茶資格取得可能なおすすめ通信講座

お茶は変化しやすい

久しぶりにお茶を飲んだら味がイマイチになっていたという経験はありませんか。実はお茶というのはとても繊細な飲み物です。非常に変化・変質しやすく保存方法を誤ってしまうと短時間で劇的に劣化してしまいます。そうなってしまった場合、味を元に戻すのは不可能になってしまいます。湿度や温度、空気や光などと言った様々な要素がお茶をダメにしてしまいます。それらの影響を受けないように保存することが大切です。

家庭で行えるお茶の保存方法

家族の人数にとって変化するため、一概に量を指定することはできませんが、なるべく2週間や1ヶ月で使い切れる程度の量を購入するようにしましょう。なるべく少量を意識しましょう。また、未開封の場合は冷蔵庫か冷凍庫に保存するようにしましょう。そのどちらかであれば劣化はしにくいと考えられています。ただし、一点だけ注意する点があります。それは、冷蔵庫から出した場合はすぐに開封してはいけないということです。いきなり開封してしまうと温度差で発生してしまう水滴を茶葉が吸収してしまい、茶葉の品質が劣化してしまうのです。そのため冷蔵庫・冷凍庫から出した場合、茶を常温になるまで待ってから使用するようにしましょう。開封後のお茶の保存方法にも注意する点があります。開封済みのものは密封性と遮光性の機能を有している容器に移してから暗めの場所で保存するようにしましょう。開封済みのものは冷蔵庫ではなく冷凍庫のみです。理由としては冷蔵庫で保存してしまうと冷蔵庫の内側で茶葉のにおいが充満してしまう上に出し入れの度に湿気が付いてしまうからです。

お茶が変質してしまう原因とその対策方法

お茶の変質・変化には湿気、酸素、光、高温といった理由があります。湿度は茶葉が含んでいる水分量が多ければ多いほど成分の酸化が進んでしまうのです。この酸化が進んでしまうと茶葉の色合い、水色、香りに悪影響を与えてしまいます。対策方法としては保存場所を除湿するか湿気が侵入してこない袋か容器に入れて保存しましょう。酸素もまた、お茶を変質させてしまう原因になってしまいます。酸素は葉緑素やビタミンC、カテキンを酸化させてしまいます。これらが原因で味わいが低下してしまいます。対策方法としては袋の中に入っている空気を可能な限り抜き、口部をしっかり閉めましょう。光は茶緑素の分解を促進させるため、茶葉を変色させてしまう可能性があります。対策方法は簡単で光が当たらない場所に保存するだけです。冷蔵庫の多くの製品にはライトがついています。このライトですら茶葉の変色に繋がってしまうので、冷凍庫に保存することをオススメします。高温の場所では茶葉が含んでいるカテキンがどんどん酸化してしまいます。これに起因して色や水色に変化が起きてしまいます。特に色に関しては激しく変化してしまいます。対策方法としては寒い、もしくは冷えている場所で保存するという方法が有効です。まとめると茶葉の保存に最もうってつけの場所は冷凍庫といえることができます。ただし、ライトがついていない冷蔵庫であれば保存は可能です。また、それらの場所で保存したお茶をすぐに開封すると温度差でお茶が結露してしまい保存状態が悪くなってしまうので常温で少し間をおいてから開封するようにしましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP