日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 150 view

日本茶の美味しい淹れ方

日本茶 鶴

日本茶には様々な製法で作られたものがありますが、それぞれ美味しく入れる方法が少しずつ異なります。どのお茶をどのように淹れると家庭でも美味しいお茶を楽しむことができるかを説明していきます。

全てのお茶に共通していることとして、

・水は軟水を使用する

・水道水を使用する場合は、カルキ臭を除去するために一度沸騰させたお湯を使用する

・茶葉を蒸らす際には急須を揺すらない

の3点があります。

どの種類のお茶も、これらを守った上で淹れていきます。

煎茶の淹れ方

煎茶には大きく分けて上級煎茶と中級煎茶があります。

一般的に早い時期に摘まれた煎茶は旨み成分を豊富に含んでいるため、上級煎茶に分類されます。一方で、中級煎茶は摘まれる時期が遅く、苦味・渋味のもととなるカテキンを多く含みます。

上級煎茶と中級煎茶では、蒸らす温度が異なります。

①一度沸騰させたお湯を、人数分の湯飲みに注ぎ分けます。これにより、お湯を冷ましながら茶碗を温めます。

②茶葉をひとり2~3g急須に入れます。

③茶碗のお湯を急須に移します。このとき、上級煎茶なら70℃、中級煎茶なら80~90℃くらいが適温です。

④普通の煎茶で1~2分、深蒸し茶の場合は30秒~1分程待ち、湯飲みに均一な濃さになるよう注ぎ分けます。

番茶・ほうじ茶・玄米茶の淹れ方

さっぱりした口当たりの番茶や香ばしい香りが特徴のほうじ茶・玄米茶は、熱湯で抽出させることが基本です。低い温度で抽出させると香りが弱くなったり、味が薄く感じることがあります。

①茶葉をひとり3~4g急須または土瓶に入れます。

②熱湯(約95℃)を直接急須または土瓶に注ぎます。

③30秒程待ち、湯飲みに均一な濃さになるよう注ぎ分けます。

玉露・かぶせ茶の淹れ方

玉露もかぶせ茶も、煎茶となる茶葉を育てる過程で一定期間日光を遮って育てるため、渋みが抑えられ、旨み成分を豊富に含んだお茶に成長します。

そのため、低温でじっくりと抽出させることが旨みを引きだすコツです。

①一度沸騰させたお湯を、湯冷まし(または急須等)に注ぎ、少し冷ましてから人数分の湯飲みに注ぎ分けます。これにより、お湯を冷ましながら茶碗を温めます。残ったお湯は捨てます。

※玉露用の小さな湯飲みを使用します。

②茶葉をひとり3~5g急須に入れます。

③茶碗のお湯を急須に移します。このとき、玉露なら50~60℃、かぶせ茶なら60℃くらいが適温です。

④普通の煎茶で2分~2分半程待ち、湯飲みに均一な濃さになるよう注ぎ分けます。

水出し煎茶の淹れ方

最近は水出し専用の煎茶も多く見かけるようになってきました。煎茶を水で抽出すると、甘みや旨みが抽出される一方で苦みや渋みが抑えられ、まろやかな味になります。また熱に弱いビタミンCも効率よく摂取できるので、暑い時期にはおすすめです。

①茶葉を6g急須またはティーポットに入れます。

②氷を2~3個入れ、水を注いで急須をゆっくりと回しながら3分程待ちます。

③湯飲みまたはグラスに均一な濃さになるよう注ぎ分けます。このとき、最後の1滴まで出しきります。

茶葉の種類によって温度や茶葉の量、抽出時間に気をつけるだけで、誰でも気軽に美味しいお茶を淹れることができます。

また好みによって高めの温度で淹れるか、低めの温度で淹れるかを調節すると、自分に合ったお茶を楽しめます。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP