日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 286 view

日本茶をおいしく味わう茶器いろいろ

煎茶、玉露、抹茶などバラエティ豊かな日本茶の世界。茶葉本来のおいしさをとことん追求するなら、お茶を入れる茶器にも気を配りたいもの。なぜなら、日本茶にはお茶の種類によって、よりおいしく飲めるぴったりの器があるから。特に、高級茶葉の場合は、茶器選びを間違えるとせっかくのお茶を台無しにしてしまうことにもなりかねません。今回は、日本茶をよりおいしく飲むための茶器についてご紹介します。

日本茶を陶器でいただく

陶器は土物といわれ、自然界でとれる粘土が原料。粘土を主な原料として作られるため、陶器の茶器は叩くと鈍い音がし、土ならではの温かみと素朴な風合いが見た目の特徴となっています。

陶器製の茶器は、厚みがあり、使えば使うほど味わい深くなる楽しみもあります。ほうじ茶や番茶といった素朴な味わいのお茶を飲むのによく使われます。

日本茶を磁器でいただく

土物といわれる陶器に対して、磁器は石物といわれ、長石、けい石を多く含有する陶石の粉に、粘土を混ぜて使用します。窯で高温で焼くことで、半ガラス質に変化し、叩くと澄んだ高い音がします。

磁器製の茶器は、肌ざわりが滑らかで薄く、口ざわりがいいのが特徴。内側が白いことが多いため、お茶をより美しく見せてくれます。玉露や煎茶など、お茶の水色(すいしょく)を楽しみながら飲むような、上品なお茶を入れて飲むのに好まれます。

磁器の中でも、大切なお客様をおもてなしするときに人気なのが、内側の底が真っ白な器。茶器の底の部分に絵柄があると、水色がその絵柄の影響をうけてしまいます。また、磁器の中でも青白い色のものは、青色に緑色がおされ、透明感があまり感じられなくなります。

磁器の茶器を購入する際、絵柄が素敵な器に心が動かされますが、シンプルな“白”を選ぶのがベストです。

日本茶器の形状2つ

茶器の形状は大きく分けて、「筒茶碗」「汲み出し茶碗」の2タイプあります。「筒茶碗」は、「湯飲み茶碗」という名で親しまれてる細長い形をした茶器。熱を逃さず、お茶が冷めにくいため、寒い冬、熱々のほうじ茶や番茶、玄米茶を“ふーふー”しながら飲むのにぴったり。茶道界でも寒中に使われます。ほうじ茶や番茶をいただくときは、陶器製の筒茶碗が良いでしょう。

「汲み出し茶碗」は、飲み口の広い、小さな茶器。お客さまに煎茶を振る舞うときに使われます。口が広く、お茶の香りが立ちやすいため、玉露や上質な煎茶を飲むのに最適です。玉露の場合は、汲み出し茶碗の中でも小さめのものを選ぶと、とっても上品です。玉露や高級煎茶をいただくときは、磁器製の汲み出し茶碗が良いでしょう。

日本茶にはガラス製の茶器も素敵

水出しの日本茶や、冷茶を飲むときは、清涼感たっぷりのガラス製の茶器を使うのも素敵です。氷をいれたグラスに涼やかな水色の日本茶を注げば、夏の暑さをやわらげてくれます。

おしゃれな茶器を扱うお店

おいしいお茶も素敵な器でいただけば、おいしさも倍増するはず。そんなティータイムを彩ってくれる茶器を扱うお店をご紹介します。

・うつわ大福
南青山の路地裏にある「うつわ大福」。色絵、染め付けの磁器をはじめ、心を豊かにしてくれる普段使いの素敵な器や小物などが揃っています。プレゼントにもぴったりです。
【住所】東京都港区南青山3-8-5
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】火曜日

・Ekoca(イコッカ)
陶磁器、ガラス、漆、金属、木など自然素材を使い、全国各地の工芸作家が一つ一つ丁寧に作った生活道具や小物を揃えるお店です。
【住所】東京都渋谷区恵比寿南1-21-18 圓山ビル2F
【営業時間】12:00~19:00
【定休日】日曜・第2・第3月曜

日本茶の種類や季節によって器を変えることで、日本茶の香り、味、見た目の美しさという3つの魅力を堪能してみてはいかがでしょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP