日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 26 view

有名な日本茶の製造方法とその特徴

緑茶と一口に言ってもその種類は意外と多く存在しています。この記事ではたくさん存在している緑茶の種類とその特徴を紹介していきます。

煎茶

一番ポピュラーとされている緑茶です。製法としては初めに新芽を摘み取り、摘み取った新芽を揉みながら乾燥させて作り上げます。含まれる成分としてはカテキン類、ビタミンC、カフェイン、アミノ酸などがあります。爽やかでさっぱりとした香りとうま味・渋さが上手くバランスが取れており万人受けするお茶と言えます。カフェインやタンニン(カテキン)を含んでいる量がお茶にしては比較的多く、ビタミンCも豊富です。多くの場合、緑茶と言えばこの煎茶を指すことが多いです。

深蒸し茶

深蒸し茶は煎茶と同じ種類の葉を用います。製法としては普通の煎茶よりも蒸す時間を長くして作られます。その長さは煎茶の2〜3倍の長さの時間を使って蒸します。含んでいる成分は煎茶と同じです。特徴としては煎茶と比較して渋さが少なく甘みが強くなっています。カルキ臭などにも強く水の良し悪しを気にすることなく飲むことができます。ただし、普通の煎茶と比べると香りは少し弱くなっています。

玉露

玉露も緑茶の一種で色はとてもよく似ています。製法は新芽に直接日光を当てることを避けて煎茶と同じ工程で仕上げられます。成分は煎茶深蒸し茶と同じです。特徴として、玉露はとくにうまみが強く出ているお茶だと言うことができます。これは含んでいる旨味の元になるアミノ酸を多く含んでいることに関係しています。また渋さの元になるタンニン(カテキン)などは少なく口当たりの良い濃厚な甘みに仕上がっています。有名な物だと福岡県八女産の玉露が特に有名です。

玄米茶

玄米茶はその名の通り玄米を用いて作られているお茶です。製法は玄米を炊きます。その後、ほぼ同じ量の番茶や煎茶をそのお店・銘茶特有の配合でブレンドして完成となります。含んでいる成分としては玄米、カテキン類、アミノ酸、ビタミンCを有しています。緑茶の風味と炒り米独特の香ばしさがあり、薄めでさっぱりとした口当たりが特徴的です。また玄米茶はほぼ0と言っていいくらいカフェインを含んでいません。そのためカフェインを取りたくない、取らせたくないと思っている方やお子様にもおすすめできるお茶になっています。

ほうじ茶

ほうじ茶は見た目が茶色をしているお茶です。製法としては番茶や大型煎茶が褐色に変色するまで強火で焙煎して仕上げます。含んでいる成分としてはタンニン、アミノ酸、ビタミンCなどを有しています。特徴としては香ばしい香りが口の中をスッキリとさせることです。食後に美味しくさっぱりとしたものが欲しいときにオススメなお茶です。ほうじ茶はカフェインやタンニンがあまり入っておらず、誰でも飲みやすいお茶になっています。

粉茶

粉茶の製造工程は玉露や煎茶を造る際に細かくなってしまった茶葉を集めたものです。成分はカテキンやカフェイン、ビタミンC、アミノ酸と言った成分を持っています。茶葉の成分が溶け出しやすく鮮やかな色合いで味がディープなものになっています。お湯を使えば短い抽出時間で作りあげることができます。ただし、回転寿司でよく見かける直接湯のみに入れて飲む粉末抹茶とこの粉茶は全くの別物になっています。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP