日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 52 view

緑茶がもたらす効果 美白について

昔から健康に良いと親しまれてきた緑茶。最近では、美容面にもさまざまな効果をもたらすことで注目されています。中でも嬉しいのが、女性のスキンケアに欠かせない美肌効果です。ここでは、緑茶がなぜ美肌に効果的なのか解説します。

緑茶に含まれる美肌に効果的な成分とは

緑茶が美肌対策に効果的といわれる理由は、ビタミンCが豊富なためです。緑茶の中でも頻繁に飲まれる煎茶には、特に豊富なビタミンCが含まれています。特徴は以下の通りです。

・上質な煎茶ほどビタミンCの含有量が増える
・ビタミンCは体内に蓄積できないため、毎日摂る必要がある
・煎茶を4~5杯飲めば1日あたりのビタミンC推奨摂取量の30~50%が摂れる

緑茶のビタミンCは熱で壊れにくいため美肌に効果的

日本人は慢性的にビタミンCが不足しがちです。その理由のひとつに、ビタミンCは熱で壊れやすいということが挙げられます。

ビタミンCが熱で壊れるなら、熱いお湯で淹れた緑茶では摂れないのではないかと考える人も少なくありません。しかし、緑茶のビタミンCはカテキンという成分によって守られているため熱で壊れる心配がありません。

緑茶は野菜より効率的にビタミンCを摂取できる

ビタミンCの性質には、水に溶けやすいというものがあります。そのため野菜で摂取しようとすると、ゆで汁とともにビタミンCを捨ててしまい摂取できないというケースがあります。

しかし緑茶なら、茶葉の成分を抽出したお茶を飲むので、水に溶けたビタミンCを逃す心配はありません。そのため、野菜よりも効率的にビタミンCを補うことができます。

緑茶のビタミンCが美肌に効果的な理由

緑茶に含まれるビタミンCが、美肌に効果的とされる理由はいくつかあります。

・シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える
・メラニン色素を薄くする働きがある
・メラニンを作る原因である活性酸素を除去する働きがある

つまり、緑茶は「シミをつくらせない」「できてしまったシミを薄くする」という2つの面から美肌効果をもたらすのです。

また、ビタミンCは肌の炎症を抑える効果もあることから、肌荒れやニキビ予防にも役立ちます。

緑茶の効果で美肌対策をする時の注意点

先述の通り、ビタミンCには水に溶けるという性質があります。これは体内に取り込んだ後も変わらず、一度にたくさん摂ってしまうと尿に溶けて排出されてしまいます。

適正な量を摂取したと思っても、これでは効果が期待できませんね。そこで緑茶で美肌対策をするときは、少量をこまめに飲むようにしましょう。たとえば以下の飲み方がおすすめです。

・食前や食後に欠かさず飲むようにする
・起床時、出勤前、就寝時と3回程度に分けて飲む習慣を作る
・タンブラーなどで常に携帯し、外出先でも飲むようにする

むやみやたらに大量の緑茶を飲んでも、美肌効果は得られません。それどころか、カフェインなどほかの成分の影響を受けて利尿作用が働いたりするおそれがあります。

あくまで、こまめに飲むことを心がけましょう。

美肌とニキビ対策に緑茶洗顔もおすすめ

緑茶を飲むだけでなく、肌に直接つけるというのもスキンケアに役立ちます。手軽な方法が、緑茶洗顔です。以下のステップで行いましょう。

・緑茶を肌につけても問題ない程度に冷ましておく
・いつも通りに洗顔フォームやクレンジングで顔を洗う
・すすぎに緑茶を使う
・ふき取りは最小限にして緑茶を肌になじませる

熱い緑茶でやけどしないよう、注意してください。

緑茶がもたらす美肌効果まとめ

透き通るような白い肌は、女性にとって永遠の憧れです。身近な飲み物である緑茶が美肌対策に役立つのは嬉しいですね。ぜひ、こまめに緑茶を飲む習慣を身につけて美肌対策を始めましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP