日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 437 view

緑茶と美白健康効果

日本茶 煎茶

日本人ならだれもが親しんでいる飲料の1つである緑茶。そんな緑茶には、健康効果だけではなく、美肌やアンチエイジング作用もあります。その理由は、カテキン、ビタミンCやビタミンE、食物繊維、β-カロテンが豊富に含まれているからです。

緑茶とは

緑茶とは、生のお茶の葉を発酵させずに製造した不発酵茶で、煎茶(せんちゃ)、玉露(ぎょくろ)、番茶(ばんちゃ)、抹茶(まっちゃ)、焙じ茶(ほうじちゃ)などの総称です。

緑茶の美肌効果

緑茶を今日飲んだからといって、明日すぐに効果が現れるものではありませんが、適度な量を継続して飲むことで、肌老化や肌悩みの予防につながりますまた。

カテキンとビタミンCでお肌の酸化を予防

紫外線による活性酸素をはじめとするお肌の酸化は、お肌の老化の大きな原因です。活性酸素でダメージを受けたお肌は、ハリやツヤを失ってしまい、顔のたるみや目の下のたるみ、ほうれい線が出てしまいます。しかし、カテキンやビタミンCは、そんなお肌の酸化を防ぐことで美肌やエイジングケアをサポートします。しかも、緑茶のビタミンCは高温でも強いことがメリットで、紫外線のアフターケアにも効果的です。ただし、緑茶を飲んだからと言って、日焼け止めなどによる紫外線対策を怠らないようにしましょう。

美白や黒ずみ予防

緑茶に含まれるビタミンCはメラニンを還元して、シミを分解するはたらきがあるため、しみ、くすみを予防してくれます。また、皮脂をコントロールするはたらきもあるため、毛穴の黒ずみ、角栓、いちご鼻、にきびの予防にも効果的です。

リラックス睡眠

緑茶に含まれるテアニンによるリラックス効果は睡眠の質を向上させ、良質な睡眠をとれるようになります。良質な睡眠こそがお肌にも健康にも一番重要です。

緑茶を飲む量は

何杯以上、何杯以下という基準はありませんが、飲み過ぎによるデメリットはあります。緑茶に含まれるカフェインによる睡眠障害や胃腸症状、タンニンによる鉄の吸収阻害、シュウ酸による尿路結石など。これらの症状は過剰摂取した場合に起こりますので、常識の範囲内で飲むようにしましょう。

運動前に緑茶を

温かい緑茶を運動前に飲めば、緑茶に含まれるカフェインが、脂肪を優先的にエネルギー源として使うため、ダイエットを効果的に進めたいなら、運動の30分程前に緑茶を飲むことがオススメです。

入浴前に緑茶を

緑茶を飲んだ後に温泉に入る場合と、緑茶を飲んでそのまま室内で過ごす場合を比較した結果、緑茶を飲んで温泉に入った場合の方が血液中のカテキンの濃度が濃かったという結果でした。温泉による温熱効果で身体の血流がよくなったことで、カテキンの吸収も向上したと推測されています。この研究からは、お風呂に入る前に緑茶飲み、緑茶を飲んだ後に身体を温めて、血行をよくすると効果がアップする可能性が期待できそうです。しかし、お風呂上がりのお肌のケアは怠らないようにしましょうね。

胃の弱い人、貧血の人は

胃の弱い方、胃が不調の場合は、カフェインによる刺激があるので控えめにしましょう。胃潰瘍や逆流性食道炎などの人は、より注意が必要です。また、貧血症の人や妊娠中の方は飲む量を控えるようにしましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP