日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 240 view

緑茶に含まれているカテキンについて

日本茶 茶葉

カテキンとは

緑茶には様々な栄養素が入っていますが今回注目したいのはカテキンです。カテキンはポリフェノールの1種で昔からタンニンという名称で呼ばれた緑茶の渋みを生み出す主成分です。お茶の中からカテキンが発見されたのは1929年、理化学研究所の辻村博士によってその存在が確認されるようになりました。そして茶葉の中には4つのカテキンが存在しています。その4つの成分とはエピガロカテキンガレート・エピカテキンガレート・エピガロカテキン・エピカテキン4種類が存在しています。また、お茶を製造する際に熱を加えるとこのカテキンが変化します。エピカテキンはカテキンに変化します。エピガロカテキンはガロカテキンに変化します。エピカテキンがガレートはカテキンガレートに変化します。エピガロカテキンガレートはガロカテキンガレートに変化します。

緑茶の成分の構造

緑茶にはたくさんの成分が含まれています。その数だけでいうなら数千種類あります。その構造は植物中に数千種類あるのを総じて「ポリフェノール」と呼びます。その中に天然に存在する有機化合物群でクマル酸CoAとマロニルCoAが重なってできるカルコンの1種である「フラボノイド」、またその中に緑茶特有のポリフェノールで8種類ある「カテキン」が含まれているという構造になっています。カテキンはとても酸化しやすい物質になっています。緑茶は荒茶製造工程中で酸素の働きが抑えられるため酸化はほぼしません。しかし、ウーロン茶や紅茶では酸化酵素の作用で酸化重合物が作られています。酸化重合物は合体カテキンで、テアフラビン類・テアルビジン類が該当しています。この酸化重合物は本来水溶液中では無色のカテキンをオレンジ・赤色と変色させます。ウーロン茶や紅茶が赤見がかっているのはこれらの理由からです。

お茶の成分量によって茶葉にカテキンが入っている量が異なる

カテキンは一番茶で約12%〜14%、2番茶で約14%〜15%にも増加します。成熟度にもよって違いがあり、成熟した葉(3〜4枚)よりも若い芽(1〜2枚)のほうがより多くのカテキンを保持しています。玉露のように光が当たらないように栽培されるものはカテキンの生成が抑えられ、煎茶よりも少なくなります(ポリフェノールの度合いでいうなら10%程度)。テアニンは茶木の根で作られ、葉の方へと移行していく成分です。また、テアニンは光が当たると分解してエチルアミンを生成し、そこからエチルアミンがカテキンに変換されます。光が当たらないとテアニンは分解されないので、被覆栽培することによってテアニンを含む量が高くカテキンの生成が抑えられたお茶ができるのです。

高濃度茶カテキン

日本国内では、茶カテキンを有効成分として消費者庁により「体脂肪が気になる方向け」という分類が確立しています。高濃度茶カテキンの機能性を示唆する表示が許可された特定保健食品が販売されています。カテキンが体脂肪の貯める働き抑える働きがあります。カテキンが筋肉や肝臓の脂肪消費酵素の活性を促進させ、エネルギーとして消費しやすくなることが効果の理由とされています。また高濃度の茶カテキンを使ったサプリメントも販売されています。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP