日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 247 view

緑茶に含まれるカフェイン量 コーヒーよりも多いのか

カフェインというと、コーヒーや紅茶に含まれ、眠気防止に効果がある成分というイメージですが、実は、緑茶にもカフェインが含まれています。中でも、カフェインが多く含まれているのが玉露です。例えば、カフェインの代名詞にもなっているコーヒーと比べてみると、100ml中のカフェイン量は、インスタントコーヒー約60㎎に対し、玉露は約160㎎。かなり多めで驚きです。そこで今回は、緑茶に含まれるカフェイン量についてご紹介します。

緑茶に含まれるカフェインとは

コーヒー豆やカカオ豆、緑茶などに含まれるカフェインは、独特の苦みを持っているのが特徴です。水溶性であるため、お湯の温度が高いほど溶け出しやすくなる性質があります。同じ茶葉であっても、お茶を入れるお湯の温度が高いほどカフェインが多く抽出され、より苦くなるというわけです。

カフェインの主な作用とされているのが、覚醒作用や利尿作用などです。脳の中枢神経に作用する覚醒作用は、その名のとおり眠気を防いで、勉強や運動などの効率をアップしてくれます。また、アルコールの代謝も高められるので、二日酔いにも効果があるといわれています。

緑茶の種類別のカフェイン量

茶葉に含まれるカフェインは、一番茶、二番茶など刈り取る時期によっては大差ないといわれています。しかし、カテキンやテアニンと同じく、一番茶であっても、成熟した芽より若い芽に多く含まれます。そのため、煎茶より若い芽を原料とする玉露や抹茶の方がカフェインの量は多くなります。

栽培方法や製造方法が異なる茶葉のカフェイン量(100mlあたり)の違いを見てみると、以下のとおりです。
・玉露 約160mg(浸出方法 茶葉10gを60度の湯60mlで2分30秒)
・煎茶 約20mg(浸出方法 茶葉10gを90度の湯430mlで1分)
・ほうじ茶 約20mg(浸出方法 茶15gを90度の湯650mlで30秒)
・玄米茶 約10mg(浸出方法 茶15gを90度の湯650mlで30秒)
・ウーロン茶 約20mg(浸出方法 茶15gを90度の湯650mlで30秒)

他のお茶と比べ、玉露の100g当たりのカフェイン含有量が断トツに多いですが、玉露はガブガブ飲むものではなく、一杯10~20ml程度で飲むため、実際の摂取量はそれほど多くありません。

緑茶のカフェイン1日あたりの摂取量は

緑茶に限りませんが、カフェインを過剰に摂取した場合、中枢神経系の刺激によるめまいや興奮、不眠症、下痢、吐き気などの健康被害をもたらすことがあるといわれてます。そのため、摂りすぎは禁物です。

カナダ保健省(HC)は、1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーの場合マグカップで約3杯程度)まで、カフェインの影響をより大きく受ける妊婦や授乳中、妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとしています。

なお、カフェインに関する一日当たりの摂取許容量については、個人差が大きいなどの理由で、日本だけでなく国際的にも設定はされていません。

また、睡眠の実験研究で、1日に250mg以上のカフェインを摂ると、夜中に目が覚める回数が多くなるという報告があるので、1日250㎎を目安にするのも良いでしょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP