日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 373 view

緑茶のおいしい入れ方 基本の茶道具

お茶の世界を楽しみたい時、茶葉へのこだわりはもちろんですが、どんな道具を使うかもポイントです。自分好みの茶葉をお気に入りの茶道具で入れれば、おいしさも倍増すること間違いなし。

今回は、おいしいお茶を入れるために揃えたいお茶道具をご紹介します。ホームパーティなどの食事のあと、自慢のお茶セットでお客様にとっておきのお茶をごちそうするのもいいですよね。

緑茶をおいしく入れる道具 急須

急須を選ぶ時に注意したいことは、「大きさ」。お茶を入れる人数によって急須のサイズを替えるのがベストです。目安は、2~3人用200ml~350ml、3~4人用350ml~480ml、4~5人用480ml~600ml。ほうじ茶や玄米茶など大きな湯呑みで飲むお茶は、600ml~800mlほどの大きい土瓶でたっぷり入れるのが良いでしょう。

急須の素材は、特に決まりはありませんが、有田焼に代表される磁器の急須は、陶器ほど吸水性はありませんが、茶葉のもつ味と香りを引き出してくれるといわれています。透明の耐熱ガラス製の急須は、茶葉が開いていく様子や、美しい水色(すいしょく)が抽出される様子が楽しめます。

急須の良し悪しを見るポイントは、“すり合わせ”。急須とフタが重なる部分のことで、しっかり隙間なく閉めることができないと、お湯の温度が下がるなどおいしく抽出できません。そのため、購入する際は、急須とフタの閉まり具合を要チェックです。

急須の中にある茶こしもポイント。急須自体に穴が開いているタイプのもは手入れが大変ですが、急須の中で茶葉が躍りやすく風味豊かなお茶を入れることができます。とはいえ、手入れのことを考えると取り出せるタイプの方が好みの人もいるはず。どちらの茶こしも網目は細かいものを選びましょう。特に深蒸し煎茶を入れるときは、茶葉が細かく仕上がっているので、網目の細かいものを選ぶのが良いでしょう。

緑茶をおいしく入れる道具 湯冷まし

必ず必要というわけではありませんが、お茶の世界をより楽しもうという人におすすめなのが「湯冷まし」。沸騰させたお湯を注ぎ温度を下げ、お湯の温度を調整するための道具です。煎茶や玉露などお茶の種類によってお湯の適温が違う日本茶ならでは心遣いの道具といえます。湯冷ましがあれば、煎茶だけでなく、いろいろなお茶をおいしく飲むことができ、お茶の世界も広がります。

緑茶をおいしく入れる道具 茶さじ

おいしくお茶を入れる時に大切な茶葉の量を計量する道具です。ティー スプーンを使ってもOK。目安としてティー スプーン1杯は約2gほど。毎回、同じスプーンを使えば、茶葉の量とお湯の量の加減もだんだんわかってきます。お茶を入れるのに慣れてきたら、茶葉専用の茶さじにステップアップしてみるのも良いでしょう。形も素材もバラエティ豊かで、コレクションしたくなる道具のひとつです。

緑茶をおいしくいただく 茶碗

心を込めていれたお茶をよりおいしくいただくために、こだわりたいのが器。茶碗が陶器か磁器によって味わいや見た目に違いがでます。陶器は、保温効果がありお茶が冷めにくいのが特徴。お茶の角がとれ、まろやかな味わいになります。磁器は、陶器より保温効果は劣りますが、美しい水色が楽しめ、香りが立ちやすいのが特徴です。玉露や煎茶などお客様のおもてなしには磁器の茶碗を、熱湯でいれるほうじ茶や番茶には陶器を使うのがおすすめです。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP