日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 40 view

緑茶のおいしい入れ方 煎茶と玉露茶の違い

茶葉を使って本格的に緑茶を淹れる人の中には、よりおいしい入れ方が知りたいという人もいることでしょう。緑茶は、お湯の温度やお湯と茶葉の量のバランスなど細かな点を意識すれば、さらにおいしく淹れることができます。

また、茶葉の種類によってそのポイントが違うことを知っておくことも大切です。ここでは、煎茶や玉露茶といった代表的な緑茶のおいしい入れ方について紹介します。

緑茶のおいしい入れ方 煎茶の場合

緑茶の中で最もスタンダードな種類である煎茶。飲む機会が多いからこそ、おいしい入れ方を知っておきたいものです。茶葉の量や抽出時間などのポイントは以下の通りとなります。

・茶葉の量は1人あたり2~3gが適量
・お湯の温度は90℃が目安
・お湯の温度は5人分で430mlが目安
・適温に冷ましたお湯を急須にそそぐ
・抽出時間は30秒~2分が目安
・茶碗に煎茶を注ぐ

お湯は沸騰したものをそのまま使わないようにしましょう。湯冷ましをするときには、茶碗に湯を注ぐのが効率的でおすすめです。茶碗を温めることにもなるので、一石二鳥となります。

抽出時間は茶葉の量によって多少差があります。茶葉が8~9分目ひらいたころが最適です。複数分の煎茶を注ぐときは、お茶の濃さと量が均一になるようまわし注ぎをしましょう。

緑茶のおいしい入れ方 玉露茶の場合

ほど良い苦味と渋味がおいしい玉露茶。苦味成分と甘味成分をバランスよく抽出することがおいしい入れ方のコツです。茶葉の量や抽出時間などのポイントは以下の通りとなります。

・茶葉の量は1人あたり4gが適量(大さじ山盛り1杯が8gに相当します)
・お湯の温度は50℃が目安
・お湯の温度は1人あたり60mlが目安
・ほかの茶種と比べてお湯の量が少ないので、小さめの急須を用意するとより良い
・適温に冷ましたお湯を急須にそそぐ
・抽出時間は2分~2分半が目安
・茶碗に玉露茶を注げば完成

玉露茶のお湯の温度は煎茶よりも低めなので、さらに効率的に冷ますことが求められます。そのため、大人数で飲むのであればそれぞれの茶碗に少しずつお湯を注いで冷ますのが効率的でおすすめです。煎茶と同じくまわし注ぎをしてください。

緑茶のおいしい入れ方 番茶の場合

さっぱりとした飲み心地が特徴的な番茶。食後のお供に飲む人が多い、人気の茶種です。茶葉の量や抽出時間などのポイントは以下の通りとなります。

・茶葉の量は1人あたり約3gが適量(大さじ2杯が10gに相当します)
・お湯は沸騰したばかりのものを使うと良い
・お湯の量は1人あたり130mlが目安
・抽出時間は30秒が目安
・茶碗に番茶を注げば完成

番茶はほかの茶種と比べてスピードが勝負となります。沸騰したお湯はそのまま急須にそそぎ、抽出させたらすぐに茶碗にそそぎましょう。

煎茶や玉露茶と同じくまわし注ぎをしてください。最後の1滴まで注ぎ切って、緑茶成分を取り逃さないことがおいしく飲むコツです。

緑茶のおいしい入れ方 そのほかの種類

定番人気のこれらの茶種以外も、おいしく淹れるためのコツがあります。茶葉の量やお湯の温度、抽出時間などの詳細は以下の通りです。

高級な煎茶(上級煎茶)の場合。
・茶葉の量は1人あたり約2gが適量
・お湯の温度は70℃が目安
・お湯の量は6人分で170mlが目安
・抽出時間は2分が目安

ほうじ茶の場合。
・茶葉の量は1人あたり約3gが適量
・お湯は沸騰したものを使用すること
・お湯の量は1人あたり130mlが目安
・抽出時間は30秒が目安

いずれも複数人で飲む場合はまわし注ぎで色と味の濃さを均一にしましょう。

緑茶のおいしい入れ方まとめ

茶葉の種類によって、おいしい緑茶の入れ方は異なります。適したお湯の量が違うため、さまざまなサイズの急須を用意しておくと、より本格的なティータイムとなりそうですね。抽出時間なども守って、おいしい緑茶を味わいましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP