日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 44 view

緑茶のカフェインレス おすすめ4選

カフェインは緑茶の主成分ですが、赤ちゃんや小さな子供、妊娠中・授乳中の女性が過剰に摂取してしまうと健康に悪い影響をもたらすことがあります。

また人によっては、体質でカフェインの影響を受けやすく、眠れなくなったり、トイレが近くなったりといったトラブルも起こりかねません。

こうした人たちでも安心して緑茶を味わえるのが、カフェインレス緑茶です。ここでは、市販のカフェインレス緑茶でおすすめのものをいくつかピックアップして紹介します。

三井農林 カフェインレス緑茶 煎茶

緑茶1杯(0.7g)あたりのカフェイン含有量が0.0001g未満という、極力カフェインを取り除いた煎茶です。ほかにも以下のような特徴があります。

・茶葉が粉状になっている
・お湯にも水にも溶けやすい
・茶葉は100%国産のものを使用
・宇治抹茶入りでコクのある味わいが楽しめる
・添加物としてビタミンCが含まれています
・内容量は40gで約50杯分に相当
・チャック付きの袋に入っているため保存に便利

水にもさっと溶ける粉末状の茶葉なので、おやすみ前に緑茶で一服したいときにもおすすめです。

低カフェイン ママにやさしい煎茶 ティーバッグタイプ

妊娠中や授乳中の女性も安心して飲める、低カフェインタイプの煎茶です。ほかにも以下のような特徴があります。

・茶葉は静岡県牧之原産のみを使用
・カフェインの苦味を取り除いたのでまろやかな味わい
・ディーバッグは20袋入り
・ピラミッド型のティーバッグなので、効率的に緑茶成分を抽出できる
・水出しも可能
・ティーバッグ5袋を使えば1リットル分の煎茶の抽出も可能
・赤ちゃんも飲むことができます

お茶のの名産地である静岡県牧之原から取り寄せた茶葉のみを厳選した、良質な低カフェイン緑茶を楽しんでくださいね。

キリン 生茶デカフェ(PET 緑茶)

生茶デカフェは、ペットボトル入りで唯一のカフェインレス(100mlあたりのカフェイン含有量が0.001g未満)の緑茶です。白を基調としたパッケージデザインで、ほかのカフェイン入り緑茶と区別しやすくなっています。そのほかの特徴は以下の通りです。

・生茶シリーズの特徴である微粉砕茶葉と「まる搾り生茶葉抽出物」はそのまま採用
・独自製法である「カフェインクリア製法」によって旨味を残したままカフェインを除去
・抽出した緑茶成分からカフェインだけを効率的に取り除いています

ペットボトル入りなので、自分で緑茶を入れる手間が省けるのがうれしいですね。外出中の水分補給にもおすすめの商品です。

お茶の丸幸 低カフェイン緑茶ティーバッグ

明治25年創業、老舗のお茶の卸売り業者であるお茶の丸幸によって作られた、低カフェインの緑茶です。主な特徴は、以下の通り。

・カフェイン含有量を50%カットに成功
・生の茶葉を蒸さずに熱湯でゆでることでカフェインを除去し、まろやかに仕上げています
・静岡県産の茶葉のみを厳選して使用
・ピラミッド型ティーバッグ入りなので、抽出しやすい
・ティーバッグは12袋入り
・チャック付きの袋に入っているので保存しやすい

歴史あるメーカーが作っている低カフェイン緑茶なので、味・品質ともに安心感があります。

おすすめのカフェイン緑茶まとめ

カフェイン緑茶のおすすめ商品はいかがでしたか?粉末緑茶もあればティーバッグもあったりと、いろんなタイプが売られているので、好みやライフスタイルに応じて自分に合ったものを選んでくださいね。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP