日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 369 view

緑茶の入れ方 水出しがおいしい

緑茶といえば、急須に熱いお湯をいれていただくのが一般的ですが、冷たい水や氷で入れる“水出し”は、最近、大注目の緑茶の楽しみ方です。水出しにすることで、苦みのかわりに旨みが際立つ、贅沢な一杯に仕上がります。

緑茶の水出しのおいしさとは

緑茶はお湯の温度によってその味わいが変わるのが魅力のひとつ。お湯の温度が高ければ、渋み成分のカテキンが抽出されやすくなり、逆に、お湯の温度もしくは水の温度が低ければ低いほど、カテキンは抽出しづらくなります。

つまり、冷たい水で抽出すれば、カテキンの渋みより、テアニンのもつ緑茶本来の旨みや甘味が引き立ち、ひと味ちがった緑茶のおいしさを味わうことができます。

また、水出しにすることで、緑茶に含まれるカフェインも抽出されなくなるため、小さな子どもにも安心して飲ませることができます。

緑茶の水出しのうれしい栄養とは

また、緑茶を水出しにすることで、カテキンのかわりに、カテキンの一種である“エピガロカテキン(EPG)”を摂取することができます。

このエピガロカテキンには“マクロファージ”と呼ばれる免疫細胞を活性化する働きがあり、免疫力をアップしてくれます。お湯で入れた緑茶では、このエピガロカテキンの働きを抑制してしまうので、免疫力アップをねらうなら、水出しで飲むのが良いでしょう。

水出し向きの緑茶とは

やはり水出しの醍醐味はお茶の“旨みと甘味”。そのため、少し贅沢をして、ワンランク上の煎茶やかぶせ茶、玉露といった旨みを感じやすい緑茶を使うのおすすめです。深蒸し茶の場合は、水出しでも苦みが出やすいといわれているので、極力苦みを避けたい人は、煎茶や玉露をチョイスした方が良いでしょう。

おいしい水出し緑茶の入れ方とは

一般的な水出し緑茶の作り方はとっても簡単です。茶葉10g~15gに対して水1リットルを用意するだけ。まず、お茶パックに茶葉を入れ、水を注ぎます。水は、一度沸騰させたお湯を冷ましたものか、ミネラルウォーターを使うのが良いでしょう。後はそのまま冷蔵庫で冷やして数時間待てばおいしい水出し緑茶が出来上がります。おいしさを損なわないためにも、その日のうちに飲んでしまうのが良いでしょう。

また、“水出し”という以上、水で入れれば良いのですが、究極の旨み・甘味を求めるなら0度で抽出する“氷出し”にチャレンジするのも良いでしょう。氷を溶かしながら入れるため、時間がかかってしまうのが難点ですが、自分へのご褒美や大切なお客様へのおもてなしなど、ぜひ、一度試して欲しいおいしさです。

水出しならぬ氷出し茶の作り方

氷出し茶の作り方は、上級煎茶、かぶせ茶、玉露などワンランク上の緑茶を用意します。冷水ポット(500ml~700ml)に10gほどの茶葉を入れます。茶葉の上に冷水ポットいっぱいになるように氷を入れ、常温で3~4時間ほどかけてお茶の旨みエキスを抽出すれば出来上がりです。

水出しほうじ茶もおすすめ

水出しにするのは、茶葉を焙じた香ばしいほうじ茶でもおいしくいただけます。作り方は、10gほどの茶葉に冷水を1リットルほど注ぎ、お好みの濃さに抽出されるまで待つだけ。目安は2時間ほどです。

抽出されるまでに時間がかかるのが水出しの欠点ですが、水筒の中に茶葉と冷水を入れ、勤務先や外出先に持っていけば、休憩時間や昼休みにちょうど飲み頃になっています。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP