日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 116 view

緑茶の入れ方 茶種ごとに道具を使い分ける

もっと美味しい緑茶が飲みたいという人は、茶葉にこだわるだけでなく、道具選びにもこだわりましょう。緑茶は茶葉の種類によって、向いている道具が異なります。

緑茶の種類によって道具を使い分けると良い理由は、茶葉ごとに適したお湯の量が違えば、一杯あたりにそそぐと良い茶液の量も違うためです。ここでは緑茶の種類ごとに適した道具の特徴について解説します。

一般的な煎茶に向いている道具

最も飲まれることが多い緑茶が、中級煎茶と呼ばれる茶種です。まずは、このスタンダードな緑茶をおいしく淹れるための道具選びのコツを知りましょう。

・急須、土瓶どちらも使用可能。厚みは標準的なものを選ぶこと
・急須の持ち手は棒状になっている「横手」というものを選ぶこと
・急須のお湯の量は600mlくらい入るものが最適
・茶碗一杯あたりの量は150mlくらいが最適
・茶碗も厚みが標準的なものを選ぶこと

なお、急須と土瓶には以下のような違いがあります。

・土瓶の持ち手は上にかかっている上手(うわて)と呼ばれるである
・急須は陶器と磁器の両方で作られており、土瓶は陶器で作られることが多い
・土瓶は直火にかけられるものがある

さらに土瓶の中でも中級煎茶に向いているものもあれば、番茶に向いているものもあります。ここでの道具選びも重要です。

また、最近では紅茶と併用できるティーポットというものが数多く存在しますが、より美味しい緑茶を入れるためには急須を使うことがおすすめです。その理由は以下の通りとなります。

・急須の持ち手は注ぎ口と手が一直線になることで美味しい緑茶を入れられるよう設計されている
・一方でポットは持ち手が輪っか状になっている「後ろ手」というものが多い
・急須には注ぎ口にも茶こしがついており茶殻が入りにくいがポットにはない

さらに急須の注ぎ口にある茶こしは、網目の大きさがそれぞれ異なります。使用する茶葉の大きさに応じて網目の大きさにもこだわることが、より美味しい緑茶を入れることにつながります。

上級煎茶に向いている道具

甘味やまろやかさをもたらす成分がより多く含まれている煎茶を上級煎茶といいます。この長所を活かすための道具を選びましょう。

・持ち手が横手タイプの急須を選ぶこと
・急須のお湯の量は250mlくらい入るものが最適
・湯冷まし用の茶器も用意するとなお良い
・茶碗一杯あたりの量は100mlくらいが最適

上級煎茶を淹れる場合、沸騰したてのお湯を70℃くらいまで冷ます必要があります。そのため、湯冷まし専用の茶器を用意するのがおすすめです。用意できない場合は、茶碗に注いで冷ましたものを急須に戻して使用しましょう。

また使用するお湯の量が少ないので、中級煎茶用の急須よりも小さいものを使ってください。

玉露茶に向いている道具

濃厚な苦味や渋味が特徴的な玉露茶。以下のような道具を使って入れましょう。

・持ち手が横手タイプの急須を選ぶこと
・急須のお湯の量は90mlくらい入るものが最適
・湯冷まし用の茶器も用意するとなお良い
・茶碗一杯あたりの量は40mlくらいが最適

濃厚な玉露茶は、一度にたくさん飲むことができません。そのため、ほかの茶種と比べると道具が一番小さくなります。湯冷まし用の道具が用意できない場合は、上級煎茶と同じ要領で茶碗でお湯を冷ましましょう。

番茶に向いている道具

さっぱりした味わいが特徴の番茶。以下のような道具を使って入れましょう。

・急須は使わず土瓶で淹れること
・煎茶用の土瓶より厚手のものを選ぶこと
・土瓶のお湯の量は800mlくらい入るものが最適
・茶碗も厚手のものを選ぶこと
・茶碗一杯あたりの量は240mlくらいが最適

緑茶は苦味や渋味が少ないので、一度にたくさん飲むことができます。そのため、道具が全体的に大きくなります。また、熱湯を一気に注いで作るので、道具は厚手のものが向いています。

緑茶の入れ方 茶種ごとの道具まとめ

お気に入りの急須や茶碗を使って飲む緑茶も美味しいですが、茶種ごとに適した道具を選ぶのもお茶を楽しむひとつの手です。ぜひ、お気に入りの茶葉にあった道具を新たに用意しましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP