日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 62 view

緑茶の別称とは 日本茶や煎茶との違い

私たちが普段からよく飲んでいる緑茶。緑茶には別称があるのでしょうか。果たして、日本茶は緑茶の別称なのでしょうか。ここでは、緑茶の別称や日本茶や煎茶といった頻繁に耳にするお茶の名前との違いについて解説します。

お茶の分類における緑茶について

チャの樹から採れる茶葉によって作られるものを「茶」といいます。緑茶は茶の分類のひとつです。茶は、加熱処理の仕方によっておおまかに3つに分類できます。

・緑茶(不発酵茶)
・烏龍茶(半発酵茶)
・紅茶(発酵茶)

それぞれ茶を淹れたときの水色が違うのが特徴です。加熱処理の方法は以下のように異なります。

・不発酵茶は茶葉を早く加熱して生葉に含まれる酸素の働きを抑制する
・半発酵茶はすこし酸素を働かせてから加熱する
・発酵茶は酸素を最大限に働かせてから加熱する

このほか、微生物によって発酵を促す後発酵茶(こうはっこうちゃ)というものもあります。日本製の碁石茶(ごいしちゃ)や阿波番茶(あわばんちゃ)、そして中国黒茶のプーアル茶は後発酵茶にあたります。

日本茶は緑茶の別称なのか

日本茶は、より専門的な表記では「日本緑茶」と書かれることがあります。このことからも分かる通り、日本茶と緑茶は同じ意味であり、別称ではありません。

日本茶専門店と書かれている店で使用されている茶葉も、「美味しい緑茶」として市販されている茶葉も、どちらも不発酵茶の茶葉を使用していることは共通しています。

煎茶は緑茶の別称なのか

煎茶は緑茶の別称ではありません。正確には、緑茶を細かく分類したときの茶葉の種類のひとつが煎茶となります。これは頻繁に耳にする玉露や番茶、抹茶、玄米茶といった茶葉も同じです。

緑茶は大きく分けると2つに分類できます。

・蒸し製
・釜炒り製

蒸し製は日本式の茶葉、釜炒り製は中国式の茶葉といわれています。緑茶の種類を蒸気の2タイプに振り分けると、以下の通りになります。

蒸し製の緑茶はこちらです。
・煎茶(普通煎茶や深蒸し煎茶を含む)
・玉露
・かぶせ茶
・てん茶(粉状にした抹茶を含む)
・番茶
・玉緑茶
・ほうじ茶(蒸し製茶葉を再加工している)
・玄米茶(蒸し製茶葉を再加工している)

釜炒り製の緑茶はこちらです。
・一部の玉緑茶

玉緑茶はどちらの製法も存在することから、消費者が分かりやすいように商品名を「蒸し製玉緑茶」や「釜炒り製玉緑茶」と表記しているケースがほとんどです。

緑茶の別称は存在するのか

日本茶と緑茶が同じ意味であること、そして煎茶などは緑茶の一種であることから、緑茶の別称は存在しないということになります。場合によっては商品のPRとして緑茶の別称を作りだすことはありますが、それはあくまでその商品に限ったことです。茶の分類として、緑茶の別称は存在しません。

緑茶の別称の情報まとめ

緑茶は生の茶葉をできるだけ早く加熱して酸素の働きを止めるため、茶葉本来の美しい緑色の水色を楽しむことができます。これこそが「緑茶」と呼ばれる由来です。日本ならではの製法であることから同義語で「日本茶」といわれることはあっても、別称を用いられることは基本的にありません。

緑茶の茶葉の種類の違いを知ると、より一層ティータイムを楽しめます。緑茶の別称や日本茶や煎茶といった言葉との違いを学んだあとは、いろんな茶葉の味や香りを楽しんでみましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP