日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 294 view

緑茶の水出しは栄養成分豊富

夏に飲みたい涼やかな水出し緑茶。お湯の代わりに、冷水で入れる緑茶のことです。実はこの水出し緑茶には、お湯で入れたときとは違った味わいがあり、抽出される栄養成分も違うことをご存知でしたか?今回は、水出し緑茶の特徴や成分についてご紹介します。

水出し緑茶の栄養成分

氷水などの冷水を注いでお茶を抽出する「水出し緑茶」。お湯の場合とは違った栄養成分を含み、水出し緑茶ならではのうれしい効能があると言われています。

お湯を注いだ緑茶は、茶葉からアミノ酸の一種「テアニン」、苦みや渋味成分の「カテキン」、眠気を覚ます覚醒作用のある「カフェイン」が抽出されます。

一方、冷水を注いだ水出し緑茶は、茶葉から「テアニン」は抽出されますが、「カテキン」や「カフェイン」はほとんど抽出されず、そのかわりに、苦みや渋み成分のカテキンとは別の「エピガロカテキン」という成分が抽出されます。

水出し緑茶で免疫力UP

水出し緑茶に含まれる「エピガロカテキン」。お湯を注いだ時には、「カテキン」の陰に隠れて、働きが鈍くなりますが、冷水の場合は、「カテキン」が出ないため、「エピガロカテキン」が抽出されるようになります。

この「エピガロカテキン」には、体の中の有害な細菌を殺す働きのある“マクロファージ”と呼ばれる免疫細胞の活動を活発化させ、体の免疫力をUPするうれしい効能があります。免疫力がUPすることで、感染症などの予防や病気になりにくい身体づくりを助けてくれます。

水出し緑茶は苦みより甘味

水出し緑茶は、苦みや渋味成分の「カテキン」が抽出されにくいため、甘味や旨味成分の「テアニン」の割合が多くなります。そのため、お湯を注いだ時のお茶では、味わいにくい、緑茶のもつ甘味や旨味をダイレクトで味わうことができ、お茶のまろやかさが際立ちます。

水出し緑茶は刺激が少なめ

水出しすることで減るもうひとつの成分が「カフェイン」。緑茶のカフェインの量はコーヒーより多いといわれ、覚醒作用の強い特徴があります。しかし、水出しにすれば、そのカフェインが抽出されにくいので、カフェインの量は少なくなり、刺激もやわらぎます。水出し緑茶なら、就寝前に飲んでも安心です。

水出し緑茶の作り方

うれしい成分や効能がある水出し緑茶。その作り方は、簡単です。冷やした急須に、普段より少し多めの煎茶の茶葉を入れ、氷水を注ぎます。お急ぎなら5分程度、しっかり煎茶の旨味や甘味を引き出したいなら、30分~1時間かけて抽出して出来上がりです。お茶本来の旨味や甘味が出る水出し緑茶だからこそ、使う茶葉はいつもよりワンランク上の茶葉を使うのが良いでしょう。

氷出し緑茶の作り方

時間は水出しよりかかってしまいますが、“氷出し”は究極のお茶の味わいかたといえます。氷がゆっくり溶けるのにあわせ、ゆっくり茶葉が開き、茶葉の旨味と甘味のエキスがじんわりと抽出されます。

作り方は、冷水ポットの底に20gほどの茶葉を敷き詰めます。茶葉を広げることで抽出されやすくなります。広げた茶葉の上に氷を入れ、常温で3時間ほど置きます。氷が溶けたら冷水ポットを振って緑茶の旨味エキスと氷水をミックスします。氷の中に溶け出す緑色のお茶を見ても楽しみたい場合は、ガラス製のちょっとおちゃれなポットで作るのも良いでしょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP