日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 1700 view

緑茶の水出しを水筒で持ち歩こう

お気に入りの緑茶をお気に入りの水筒に入れて、持ち歩けば、いつでも好きな時間にティーブレイクが楽しめます。しかし、温かいままの緑茶を水筒に入れておくと変色し、味や香りも劣化します。では、緑茶を水筒で持ち歩くにはどうしたら良いのでしょうか?今回は緑茶を水筒でおいしく持ち歩く方法をご紹介します。

職場に水筒で緑茶を持参しよう

お手軽な市販のペットボトルもいいですが、お気に入りのお茶を水筒に入れて会社や学校へ持っていけば、いつでもティーブレイクが楽しめます。さらに、節約にもなるうえ、保存料なども入ってないので健康にも良く、いいことづくしです。

水筒の中の温かい緑茶は変色する

水筒に緑茶を入れておいたら、赤みがかった黄色に変色してしまった!そんな経験、みなさんお持ちではないでしょうか?それもそのはず、緑茶は温かいままの状態が続くと酸化してしまいます。

水筒で緑茶を持ち歩きたいとき

酸化するのをさけ、緑茶を水筒で持ち運ぶ方法のひとつめは、「冷めたお茶を水筒に入れる方法」。温かいままだと酸化するので、冷ました状態で持ち歩けば、酸化による味や色の劣化は防げます。

作り方は、水筒の8分目ほどまで氷を入れ、入れたての熱いお茶を注ぎます。氷がとけ冷茶になりますが、その分水で薄まってしまうので、普段より濃いめのお茶にするのがポイントです。

ふたつめは、「緑茶のティーバックで水出しする方法」。水筒に水出し用の緑茶のティーバックを1個入れ、一度沸騰させ、冷たくした冷水を注いだ後、水筒のフタをきっちり閉めます。

そして、水筒を数回ふり、会社のランチタイムやブレイクタイムまでしっかり抽出します。濃いお茶が苦手という人は、入れっぱなしにせず、頃合いを見計らってティーバックを取り除きましょう。

水出し緑茶の味わい

水出し緑茶は、お湯で抽出した場合と比べ、緑茶の渋みや苦味は抑えられ、甘みが増し、カフェインも出にくくなるという特徴があります。

また、水筒で温かいお茶が飲みたい場合は、緑茶ではなく、釜炒り茶やほうじ茶など焙煎したお茶か、和紅茶など発酵しているお茶を選ぶのが良いでしょう。

水出し緑茶を入れるのにぴったりの人気水筒

機能性にも優れ、デザインもかわいい水筒が多数販売されています。
・CORKCICLE CANTEEN(コークシクル キャンティーン)
アメリカのフロリダ発のブランドで、全米で大ヒットの保温・保冷機能付のステンレスボトル。女性のバックにもちょうどよく収まるサイズ。270ml・470ml・750mlの豊富なサイズ展開です。

・象印 直飲み 軽量ステンレスマグ 360ml
象印のシリーズ最軽量の水筒。とにかく軽いので持ち運びの負担になりません。象印のマグタイプの水筒は広口タイプで、洗いやすいと評判です。

・SUS gallery× MokuNejiBottle
SUS gallery(サスギャラリー)× MokuNeji(モクネジ)Bottleは、木製のコップがついた“こだわり”の水筒。新潟県燕市の職人たちの熟練の技によって生まれたSUS galleryのステンレスボトルに、石川県の山中漆器の職人がろくろで挽いたけやきの木製コップがコラボしたステンレスなのに温かみがあります。

水筒の洗い方

毎日、おいしいお茶をおいしく衛生的に飲むためにも、水筒の洗い方をマスターするのは大切。柔らかいスポンジを使って、フタやパッキン、本体を洗います。水筒の底を洗うには柄のついたスポンジがあると便利。研磨剤入りのスポンジは水筒の金属部分を傷つけ、サビの原因にもあるので、避けましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP