日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 25 view

緑茶の贈り物を選ぶポイントと人気のある商品

日本茶 湯冷まし

緑茶を贈り物として使いたいと思ったことはありませんか。緑茶は万人受けする贈り物ですが受取手の年代や趣味趣向にあったものを送るとより喜ばれます。この記事では贈り物としてオススメな緑茶をご紹介していきます。

贈り物を選ぶ際のポイント

贈り物を選ぶ際にはいくつかポイントがあります。初めにお茶のタイプで選びましょう。日常的に急須を使わない家庭や若い世代にはティーパックのものが喜ばれます。お湯を沸かしてその中にパックを入れるだけで簡単にお茶が完成するという便利性を好まれるからです。反対に普段からお茶を飲む時に急須を用いるような家庭やご高齢の方には茶葉のタイプが好まれます。一気に大量に造ることができる上に濃さも調整できるのが茶葉の利点になっています。このように受取手の方がティーパックの方を受け取った方が嬉しいのか、茶葉を使うので茶葉を受け取った方が嬉しいのかをしっかり見極めましょう。またパッケージもこだわると良い評価を受けるポイントになります。ここを怠ると贈り物の評価が下がってしまう可能性すらあります。このパッケージは年代はあまり関係なく、受取手の性別によってパッケージの評価が変わります。傾向的に男性はモノトーンや白黒といったシックな色合いが好まれます。反対に女性は豪華絢爛な色合いが好まれます。色合いは黄色や桃色といった蛍光色で模様は華な蝶といったものが好まれます。受け取り手の性別によって使い分けましょう。

ホテルオークラ・厳選オリジナル煎茶セット

世代を問わない緑茶のギフト品としては日本有数の老舗ブランドホテルである「ホテルオークラ」が製造・販売しているお茶のギフトセットがオススメです。指定農園で丁寧に栽培された茶葉は日光を当てない「かぶせ仕立て」を用いて作られています。これにより甘みが強い茶葉に仕立てられています。お茶を入れた際に味だけでなく風味を余すことなく堪能することができる商品になっています。

春TEAお茶工房・高級あららぎ袋お茶ギフト

昔ながらの製法を今日まで大切に受け継ぎ作られているお茶になります。育てられた茶葉を1つ1つ丁寧に選定されています。そのため茶葉の大きさが均一になるようにされており、お茶を入れた際に風味が異なります。また、このギフトには2種類の深蒸し茶が封入されているのも特徴になっています。その2種類の茶葉について説明します。「品評会」はお茶を品評会に出す想定で作られたお茶です。どこに渡しても大丈夫な一品になっています。そしてもう一つが「匠」という名前が入れられたお茶です。こちらは茶葉が持っている茶葉の風味や味わいを極限にまで使用できるようになっています。どちらも区分的には深蒸し茶なので時間をたっぷりと使って味わうことをオススメしています。

にしき堂・薫る茶ギフトセット

お歳暮を可能な限り値段を抑えたいという人にオススメなお歳暮になっています。宇治煎茶を基本とし杏、いちじく、梅しそといった煎茶によく会うフレーバーを組み合わせたものになっています。香りと味わいはそれぞれで違うので楽しみ方がとても広いお茶と言えます。こちらはティーパックタイプになっている上に和風なパッケージになっているため、若い女性に贈るのがオススメです。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP