日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 867 view

緑茶を水出しできる水筒で携帯しよう

緑茶が大好きな人や自宅で飲み物を用意することで食費を抑えたい人にとって、水筒は欠かせないグッズです。しかし、水筒で熱い緑茶を持ち運ぶと味や色が変わってしまうことが多々あります。外出先でも緑茶本来の旨味を味わうなら、水出しできる水筒を用意することがおすすめです。

ここでは熱い緑茶を水筒で持ち運ぶと質が変わる理由と、水出し緑茶を作るのにおすすめの水筒を紹介します。

水筒の中で緑茶の色や味が変わる理由

保温できるタイプの水筒で熱い緑茶を持ち運んだ場合、色が茶色く変わったり、味に渋味が増してしまったりすることがあります。これは、緑茶の主成分であるカテキン類が酸化を起こしたためです。

カテキン類が酸化すると、「タンニン」という成分が作られます。」緑茶の中でタンニンの比率が高まると、色が緑から茶色に変わり、渋味が強くなります。水筒に入れた緑茶のタンニンの量を増やさないためには、以下のような対策が効果的です。

・抽出時間を増やして緑茶を濃い目に作る
・緑茶を別のポットに移し替えるなどして手早く冷ます
・水筒の中に氷を入れてから緑茶を注ぎ、携帯する

緑茶を熱いまま注ぎ、そのままにしておくことがタンニンを増やす原因になります。そのため、一度冷ましたものを水筒の中でも氷で冷却することが効果的なのです。

しかし通常の濃度で作った緑茶だと、氷で味や香りが薄くなる可能性があります。そのため、濃い目に抽出しておくことが大切です。

水筒で緑茶を携帯するなら水出しが手軽で便利

上記の作り方を見るとわかる通り、熱いお茶を淹れて水筒で携帯するのは手間がかかります。忙しい朝に緑茶を冷ます時間を作ったり、氷を用意するのは大変という人は少なくありません。

そこでおすすめするのが、水出しできる茶葉やティーバッグを使って緑茶を淹れることです。これなら持ち運びしながら緑茶成分を抽出することができます。時間の短縮をしながら味・香りの良さを維持できるので、一石二鳥です。

ここからは水出し緑茶におすすめの水筒を紹介しましょう。

シャスタティーボトル 水ボトル

ガラス製のシンプルなデザインが人気の水出し緑茶ができる水筒です。商品の特徴は以下の通りとなります。

・内容量は420ml
・ボトルのサイズは直径6.3cm、高さ21cm
・フタはステンレス鋼を使用
・茶こしはボトルの底に装着し、緑茶が抽出できたら取り外します
・シンプルな円柱型なので、洗いやすいです

シャスタはアメリカで人気のブランドです。スリムな形体なのでカバンの中にいれやすく、ビジネスマンには特におすすめの水筒です。

サーモス 水筒プレミアムコレクション

ステンレス製魔法瓶をはじめとした食器類のメーカーとして有名な、サーモスによる水筒です。商品の特徴は以下の通りとなります。

・重量190gの超軽量
・内容量は400ml
・ボトルのサイズは直径6cm、高さ23cm
・ワンタッチでフタが開けられ、直飲みができます
・飲み口は分解ができるので、洗いやすいです
・全4種類とカラーバリエーションが豊富

シンプルなデザインで飽きが来ないため、日常使いにぴったりです。軽量設計なので、荷物が多い人の形態には特におすすめとなっています。

緑茶を水出しできる水筒で携帯しようまとめ

味と香りの良さを持続したまま熱い緑茶を携帯することは困難です。そのため、水筒で緑茶を持ち運びたい場合は冷ましてから淹れるか、水出し緑茶ができるようセッティングしましょう。

最近では水出し緑茶におすすめの水筒が数多く売られています。抽出しやすいものや冷却効果を持続できるものなど、機能性もさまざまです。ライフスタイルや好みに応じて、自分に合ったものを選びましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP