日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 55 view

緑茶を飲みすぎるとカフェインの取りすぎになるのか

日本茶 鶴

あなたは1日に何杯の緑茶を飲んでいますか。緑茶は基本的に身体に良いお茶となっています。しかし、飲み過ぎは厳禁です。なぜなら緑茶にはカフェインが含まれているからです。この記事では緑茶に含まれているカフェインについてご紹介していきます。

カフェインとはなんなのか

カフェインという単語はよく耳にすると思います。では一体どういった物なのか。カフェインは人工成分ではなく天然成分です。この天然成分はコーヒーや茶葉に含まれており、コーヒーやお茶を飲んだ際に感じる苦味はこのカフェインが舌に触れた際に感じるものです。ただし、近年の化学技術でカフェインを作ることはそこまで難しいものではなくなりました。この人工的に作られたカフェインはコーラや清涼飲料水に使われています。

カフェインを摂取する利点

ここからカフェインを摂取する利点をご紹介していきます。朝にコーヒーやお茶を飲む理由としては目が醒めるという点です。これはカフェインが中枢神経や交感神経に刺激を与えているからです。そのほかにもカフェインを摂取するメリットはあります。眠気を取ったり、疲労感を取り、疲れを感じさせにくくするという点です。作業に没頭する人がコーヒーを好むのは理にかなっていると言えます。また集中力を向上させるという点があります。以上のような働き・効果をカフェインは有しています。そのため栄養ドリンクやエナジードリンクにもカフェインが使われています。また、脳の血管を収縮させる作用もあり、血流量を減らす作用もあります。よって頭痛や風邪の抑制にもなります。

カフェインを摂取するデメリットとは

カフェインを摂取した場合2種類の症状が出る可能性があります。1つは「急性症状」、もう一つは「病気の起因」です。急性症状としてはめまい・心拍数が増加する・震え・不安・興奮といった状態、発症が起こりうるという点です。またかフェインがきっかけでなり得る病気としては骨粗しょう症です。これはカルシウムの摂取が低い場合に起こる可能性があります。また肝機能が低下することから高血圧のリスクがあります。妊婦の方であれば胎児の成長に障害や発育に問題が出たりする可能性があります。

カフェインの安全な目安量とは

実はカフェインの安全な基準値というのは国内外関係なく設定されていません。さらに、カフェインはコーヒーや緑茶といった飲み物だけに含まれているわけではありません。多くの食品添加物や農薬にも使われています。そのため設定値を付けるというのが非常に困難になっています。

それでも目安が欲しい人へ

しっかりした基準値はありませんがオーストラリアとカナダでは妊婦の方のカフェインの摂取量は1日300mg以下とされています。また成人の大人でも300〜400mgまでにしたほうが良いとカナダ・ニュージランドの公的機関が発表しています。日本でなくとも海外の基準もしっかりとした目安になります。コーヒーに比べて緑茶はかなりカフェインの量は少ないです。麦茶、はと麦茶に関してはカフェインが含まれていません。玄米茶や番茶かまいり茶も150mlに対してカフェインの量は15mgです。コーヒーが150mlに90mgのカフェインが含まれているので、かなり少量と言えます

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP