日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 143 view

緑茶を飲みすぎると貧血になってしまう理由と対処法

日本茶のプロフェッショナルを目指そう!日本茶資格4選

緑茶を飲みすぎると貧血になる

私たちの日々の生活の中で飲み物と必要不可欠です。その水分を取るために緑茶を飲む人は多く存在しています。緑茶といえば、和をイメージした健康的な飲み物というイメージを強く持っている人がいます。確かに緑茶には健康になるための成分が多く含まれているため、認識としては正しいです。しかし、緑茶を飲みすぎると体調を崩してしまったり、めまいが起こったりと「貧血」の症状が発症してしまうことがあります。この記事では飲み過ぎて貧血になるのか、正しい飲み方についてお伝えします。

緑茶を飲みすぎて貧血になる理由

なぜ緑茶を飲みすぎて貧血になってしまうのかご存知でしょうか。実は緑茶には「タンニン」という成分が含まれています。このタンニンが存在することによってお茶を飲んだ際に「渋み」や「苦み」を感じ取ることができます。このタンニンはポリフェノールの一種でワインやコーヒーなどにも含まれています。このタンニンには摂取すると「抗菌作用」や「抗酸化作用」、「抗ウィルス作用」、「解毒作用」といった恩恵を受けることができます。これだけ聞けばとても良い成分なのですが、1つだけ困った性質を持っています。その困った成分というのが「タンニンは鉄分とくっつきやすい」という性質を持っているという点です。この成分が鉄分とくっついてしまうとタンニン鉄という物質に変わってしまい、体が吸収する鉄分の量が減ってしまうという問題です。これらのことから、鉄分不足になってしまい貧血状態になってしまうということです。

1日に緑茶を飲んでも大丈夫な量とは

緑茶のタンニンが鉄分を吸収させにくくしてしまうということを上記に記述しました。では、1日にどのくらいの量を飲んでも大丈夫なのかと気になったと思います。緑茶には鉄分の吸収を妨害するタンニンの他にも、中毒性のあるカフェインといった物質も含まれています。それらの成分を考慮して1日に飲んでも良いとされる量は1リットルとされています。それ以上の摂取は控えましょう。また、体調が優れない時や貧血の時、貧血治療を受けている際はもう少し少量にとどめておきましょう。ちなみにですが、緑茶にはいくつか種類が存在しますが、どの種類もほぼ同等のタンニンを含んでいます。緑茶の中で最も多くのタンニンを含んでいるのが煎茶です。その後に番茶、玉露と続きます。

貧血が気になる人への緑茶の飲み方

せっかく摂取した栄養や鉄分を緑茶が妨害してしまっては、栄養が勿体無いと感じる人もいると思います。しかし緑茶が鉄分の吸収に干渉しない飲み方が存在します。その方法とは「緑茶は食事の30分後から1時間後に飲む」という手段です。食事中に緑茶を飲んでしまうとタンニンの影響を受けてしまいます。しかし、食後30分から1時間の時間を開ければタンニンの影響は少なく済みます。これで貧血気味の方も安心して緑茶を飲むことが可能です。

飲むお茶の品種を変えてしまう

どうしても貧血が気になってしまうという方はいっそ緑茶を飲むことを止めて、別のお茶を飲むようにしましょう。緑茶に分類される煎茶、番茶、玉露に含まれているタンニンの量はあまり変わりがありません。しかし、麦茶、玄米茶、ほうじ茶にはタンニンがあまり含まれていません。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP