日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 367 view

緑茶パックの効果で肌の調子を整えよう

いつまでも白く透き通る肌を維持したい、それは多くの女性が望むことではないでしょうか。そんな人におすすめの緑茶パックを使ったスキンケア方法を紹介します。いつも口にしている緑茶を使うので安心感があり、おすすめです。

緑茶が美肌対策に効果的な理由

市販のコスメには、数多くの「緑茶エキス配合」と書かれた商品があります。そもそも、なぜ緑茶が美肌対策に効果的とされているのでしょうか。それは緑茶に含まれる2つの成分にあります。

・カテキン類
・ビタミンC

カテキン類はアンチエイジングに効果的なポリフェノールの一種です。そのため肌を紫外線などの刺激から守り、若々しい状態を保つように働きかけます。

ビタミンCは肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す栄養素です。そのため余分な皮脂やメラニン色素を減らし、ニキビやシミといった肌トラブルの予防に役立ちます。

美肌に効果的な緑茶パックの材料

緑茶パックの材料は以下の通りです。

・緑茶の茶葉
・小麦粉(緑茶の2倍の量が目安)
・少量の水

なお、緑茶の茶葉は粉状にする必要があります。そのためすり鉢やミキサーなども用意しておきましょう。

茶葉を粉状にする道具が用意できない場合は、抹茶を用意しましょう。あるいは「粉末状」と表記されている緑茶のティーバッグを使用してください。

一方で粉茶を使用すると、パックを作る粉末としては荒すぎてしまうので避けましょう。

美肌に効果的な緑茶パックの作り方

緑茶パックの材料はとても簡単です。以下の手順で行いましょう。

・緑茶の茶葉を粉末にする
・大きめの容器に粉末状の茶葉と小麦粉を入れて混ぜ合わせる
・水を少しずつ加えながら練っていく
・耳たぶくらいの硬さになれば完成

硬さはあくまで目安なので、自分好みに調整してかまいません。一度に水を大量に入れてパックが柔らかくなり過ぎないように注意しましょう。

美肌に効果的な緑茶パックの使い方

緑茶パックの使い方は、基本的には一般的な美容パックと同じです。

・顔(あるいはスキンケアしたい部位)に緑茶パックを塗る
・5~15分ほどそのままの状態をキープする
・緑茶パックが完全に乾ききる前に水で洗い流す

季節や室内の湿度、緑茶パックの水分量によってパックが乾く速度は異なります。そのため時間はご自身で調整しましょう。完全に乾ききってしまうと、洗い流すときに肌を痛めるおそれがあるので注意してください。

より効果的に緑茶パックを使うポイント

より効果的に緑茶パックを使うためには、以下のことを心がけると良いですよ。

・パックの前に洗顔で表面の汚れを落としておく
・パックの前に蒸しタオルを使って毛穴を開いた状態にしておく
・すすぎ残しがないかしっかりチェックする
・タオルでやさしく水分をふき取る
・パックを使った後は、クリームなどで保湿する

蒸しタオルは水に濡らしたタオルを電子レンジで温めるだけで作ることができます。電子レンジの種類にもよりますが、温める時間の目安は500Wで1~2分です。

シートタイプのパックと違い、緑茶パックは水でしっかり洗い流さないとすすぎ残しが出てしまいます。これが毛穴に詰まるとニキビや肌荒れの原因になってしまうので注意してくださいね。

緑茶パックの効果で肌の調子を整えようまとめ

いつも口にしている緑茶は、ちょっとした工夫で美肌につながるパックとして活用できます。緑茶パックはラップで包んで冷蔵庫に入れておけば1週間ほど保存できるので、定期的なスキンケアに使ってみてくださいね。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP