日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 136 view

美味しいお茶の淹れ方

日本茶 鶴

お茶を美味しく淹れる方法

みなさん、お茶を急須から器へ淹れる際、何も考えずに淹れていませんか。お茶というのはとても繊細な飲み物です。急須から器へ移し方ひとつで味がまったく異なるものになってしまいます。日本茶を淹れる際に何を意識するかが大切です。日本茶は「旨味」が特に重宝されるアミノ酸志向の飲み物です。そのため、玉露や煎茶を淹れるにはいくつか肝に銘じておくことがあります。最初に「旨味成分とされているアミノ酸類を水分に浸透させる」という点です。次に「苦味成分であるカフェインと渋味成分であるタンニンの2つの溶出を抑える」ということです。この2点がお茶を淹れる際の基本原理になっています。アミノ酸は特に水の温度を決めなくても、ある程度温かいお湯であれば勝手に浸透していきます。しかし、カフェインとタンニンはお湯の温度が高温であればあるほど浸透してしまうという性質をもっています。この2点を注意すれば誰でも美味しいお茶を淹れることができます。自分に合ったお茶を淹れることができるようになれば、お茶を数段美味しく楽しみながら飲むことができるようになります。ぜひ、自分に合ったお茶を探求してみましょう。

熱いお茶の簡単な冷やし方

あなたは熱いお茶を出された時、どのようにしていますか。仮に飲めるくらいの熱さになるまで放置していませんか。前述の通りお茶は繊細な飲み物です。お茶が熱いからといって放置してしまうと酸化してしまいます。それではお茶本来の味を味わうことはできません。また氷や水を熱いお茶に入れて冷ましていませんか。この方法だと、お茶の味が薄くなってしまいます。せっかく取れた美味しさのバランスが崩壊してしまいます。では、どうやって冷ますのか。お茶の味を変化させることなく、お茶を冷やす手段としては器から器へと移すという手段が有効です。季節や器の材質によって変化はありますが、1回器を移すごとに5〜10℃下がるとされています。この方法で目標の温度まで下げて、お茶を酸化させることなく美味しく飲みましょう。

玉露の淹れ方

はじめにお湯を湯冷ましに入れて冷まします。温度としては90℃から80℃になるようにしましょう。その後、急須に入れてさらに冷まします。急須内の温度が70℃前後になることを目標にしましょう。その後急須のお湯を茶碗の8割分ほど注ぎます。茶碗は基本的に玉露専用の少し小さめの茶碗を使います。急須に茶の葉を入れて茶碗のお湯を注ぎます。茶葉の量は厳密には設定されているわけではありませんが、目安は3人で10gです。その後、2分ほど待って廻しましょう。これを行うことでしっかり浸透するようになります。その後最後の1滴まで茶碗に注ぐようにしましょう。

煎茶の淹れ方

ここからは煎茶の淹れ方についてご紹介していきます。はじめに茶碗にお湯を入れて、その後冷まします。お湯の温度の目安は70℃から80℃です。その後、茶の急須に入れます。5人で10g程度が良いとされています。冷ましたお湯を急須に入れます。その後、1分前後待ってから廻し注ぎ最後の一滴まで茶碗に注ぎます。以上が煎茶の作り方となっています。2杯目以降は30秒程度で大丈夫です。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP