日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 54 view

美味しい緑茶を淹れる方法

日本茶 鶴

美味しい緑茶を淹れるための準備

緑茶はペットボトルに入って販売されているくらいに私たちにとって馴染み深い飲み物です。そのため大量生産が可能なイメージを持っている方がいますが、実は緑茶はとても繊細な飲み物で本来大量生産して良い代物ではありません。どのくらい繊細かというとお湯の入れ方やお湯の温度、進出時間といった様々な要素のどれか1つでも間違えると味は格段に落ちてしまいます。この記事で紹介するのは2、3人分の量を想定した作り方になっています。初めに茶葉の量です。茶葉の量は5gから6g程度(大さじ約2杯)を準備します。次に湯の温度です。お湯の温度は70℃から80℃を意識しましょう。どのくらいの温度かというとお湯の湯気がやや横ゆれを起こしている状態です。次にお湯の量を紹介します。お湯の量は180ccにしましょう。これは一人当りにつき60ccを3人で分けるという配当量になっています。最後に浸出時間についてです。浸出時間は蓋をしてから約1分を目安にしましょう。

美味しい緑茶の淹れ方

ここからは手順の話に移ります。はじめにお湯を人数分の湯のみに注いでいきます。これはお湯を淹れた際に冷ますという目的とお湯の分量を量るというのが目的です。次に急須の中に茶葉を入れます。この時の茶葉の量の目安ですが、ひとりにつき60ccで約2g程度入れましょう。その後、用意しておいた湯のみのお湯をゆっくり急須に注ぎます。その後、約1分ほど時間を置いて茶葉の葉が開くのを待ちます。約1分経過したら茶葉が開きだします。あとはお好みの濃さになるように調整します。急須を3回から5回廻し、湯のみに均等になるようにつぎ分けます。この時のつぎ分けにはポイントがあります。そのポイントとは「注ぎ始めは薄く、終わりに近くなればなるほどお茶の濃度が上昇していく」という点です。この方法を使えば均等の濃さに配分することができます。注ぐ際、急須に残らないように必ず最後の一滴まで絞り出すことを注意しましょう。残ってしまうと急須内にあるお茶が酸化し、2煎目・3煎目の味に支障をきたすことがあるからです。

緑茶を美味しく飲むには水も重要

ここまで緑茶の淹れ方について記載してきました。しかし、美味しい緑茶を淹れるポイントは茶葉や淹れ方だけではありません。水も重要な要素になります。ミネラルウォーターを使う際には「日本産」か「海外産」かをしっかり見極めてから使うようにしましょう。海外産の水は緑茶とは合いません。なぜなら、マグネシウムといった物質を含んだ硬水である場合があるからです。反対に日本産のミネラルウォーターは軟水を使っています。日本産のものであれば間違いなく軟水なので緑茶に合います。また水道水も使えますが、水道水には塩素が含まれています。この塩素はお茶の味の邪魔になるので、しっかりと沸騰させて塩素を抜き取りましょう。時間の目安として、3分は沸騰させましょう。浄水器で汲み取った水も使用可能です。しかし浄水器に入っている水もそのままお茶に使うと味が落ちる可能性があります。なぜならカルキが含まれているからです。特にカルキ臭はお茶の匂いと同じくらい感じることができます。そのため。浄水器の水も沸騰させましょう。カルキはなかなか取ることができないので5分以上沸騰させましょう。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP