日本茶の基本から学べる

  1. お茶
  2. 218 view

緑茶を飲むことで起こるアレルギーへの対策

日本茶のプロフェッショナルを目指そう!日本茶資格4選

緑茶は誰でものむことができるというイメージはないでしょうか。たしかに乳製品や卵黄が入っているわけではなく、コーラや清涼飲料水のような化学物質で構成された飲み物とは違い健康的に飲むことができます。しかし、緑茶に対してアレルギーを持っている人はいます。お茶を飲むと肌が赤くなったり、痒くなったり、喉にイガイガ感を感じることがある人はお茶のアレルギーを持っている可能性があります。この記事ではアレルギーの対処法を記述します。

お茶に含まれるカフェインの量を減らす方法

ご家庭でお茶を作る際、基本的に2種類の淹れ方が存在します。1つ目は沸騰させたお湯にパックを入れて作る「煮出し」という淹れ方と水の中に入れておくだけの「水出し」という淹れ方です。この後者に記載した「水出し」という淹れ方、実はカフェインを茶葉から抽出させにくいということが判明しています。カフェインが多くアレルギー症状が出ている場合もありますので、1度この方法試してみてはいかがでしょうか。

緑茶を薄めてから飲む

過剰摂取や濃度の濃いお茶でアレルギー反応がでてしまうケースがあります。これが原因でアレルギー反応が出てしまう方は飲む際やボトルにお茶を入れる際に水を追加で含ませてから飲むと良いかもしれません。普段から薄めておいたお茶を飲むことでアレルギーの緩和にもなります。

腹痛の際には緑茶はゆっくり飲む

人によっては冷えた緑茶を飲んで腹痛を起こす人がいます。このような症状を起こす人は始めは常温の緑茶から口に含み、その後から温かいお茶を飲むことでお腹を壊すリスクをなくすことができます。カフェインがきっかけでアレルギーの症状を引き起こすという人は水出しした緑茶を用意し、その後電子レンジで温めるという方法が手軽ででき、おすすめです。

医師に診察してもらう

アレルギー症状があると自分でわかった時や重度の症状が出た場合、必ず医師に診てもらうということが大切です。どのようなお茶を飲んだ際に発症するのか等を自己管理として知っておきましょう。アレルギーテストを行ってくれる病院もあるため、そのような病院・クリニックで診察を受けておきましょう。

ノンカフェインの緑茶を飲むようにする

カフェインが原因でアレルギー反応がでる場合、水出ししたカフェインの少ないお茶を飲むのも手段の1つですが、ノンカフェインのお茶を飲むというのも手段の1つです。また完璧にノンカフェインでなくてもカフェインをあまり含んでいないお茶も販売されています。どのくらいの量を摂取すればアレルギー反応が出るのかを事前に知っていればアレルギーを出さないように緑茶を楽しむことができます。

ウーロン茶は空腹時には飲むのを控える

ウーロン茶は外から摂取される油や糖分の吸収を抑える働きを持っています。さらに脂肪の分解を行ってくれる効果があります。しかし空腹時にウーロン茶を飲むと吐き気やめまいといった症状が起こる可能性があります。ウーロン茶は食事と併用して飲むという正しい飲み方を守りましょう。特に起床後という極端に空腹な時間にすぐウーロン茶を飲むことは絶対に避けましょう。朝ごはんを食べることができなくなったり、身体が朝ごはんを拒否する可能性があります。

お茶の最近記事

  1. 日本茶の茶葉の種類

  2. 緑茶が子どもにもたらす効果

  3. 緑茶の脂肪に対する効果

  4. 緑茶に含まれるタンニン、カフェインについて

  5. 緑茶のむくみに対する効果

関連記事

PAGE TOP